« 八甲田:ロープウェイ | トップページ | 八甲田:酸ヶ湯-仙人岱 »

2006年1月 1日 (日)

八甲田:酸ヶ湯-仙人岱-大岳

 【 山 域 】 八甲田山
 【 日 時 】 2006年1月1日
 【 コース 】 酸ヶ湯-地獄沢-仙人岱-大岳-仙人岱ヒュッテ-名無岳ピーク-西斜面-酸ヶ湯
 【 メンバー  】 大go、Sakky、じg
 【 装 備 】 山板+シール、単板+雪靴 ×2
 【 天 気 】 くもり・晴れ、(大岳上部はガス・強風)

明けましておめでとうございます。皆様、今年もよろしく~。
06年の初滑り、少々悩んだ末にやっぱり仙人岱へ。やや遅めの出発となりましたが、夕方から北海道へ移動する大goさんの都合もあり、いつもより早いペースで仙人岱を目指す。昨夜は大晦日ということもあり酸ヶ湯の豪華ディナーを堪能した3名は絶好調。いい感じのペースで仙人岱到着、時間を気にしつつも調子に乗って、大go&ぢゅんは大岳、Sakkyは小岳へ。
大岳隊は夏道よりのルートで山頂へ向かう。こっちの方がいつもの直登ルートより登りやすいじゃん。先行の山スキーヤーさん(その後途中で板をデポした模様)を追い抜き順調に高度を上げ、強風の山頂で記念撮影。なんちゃってながら“写真部”を名乗る以上、元旦ハイクのピーク写真は意地でも撮っとかねばなるまい。
一昨日よりもやや雪が積もり吹きだ溜まった雪でうねった東斜面で06年の初滑り、いやぁ~最高!
小屋での昼食後、大goさんは一足早く下山、天候は回復傾向にあり、ボード隊2名は泊まりの山やさんで賑わう小屋でゆるりと休憩後、名無岳ピークに寄り道し、いつもの西斜面を滑降。今日は視界がよく、程よくしまった雪が緩斜面に入っても板を走らせ、この斜面では今シーズン一番の滑りに大満足。
元旦早々、趣の異なる大岳・名無岳の滑降を満喫、06年の山行はさい先のよいスタートをきることができました。

Repo & Photo

18

|

« 八甲田:ロープウェイ | トップページ | 八甲田:酸ヶ湯-仙人岱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193220/14049113

この記事へのトラックバック一覧です: 八甲田:酸ヶ湯-仙人岱-大岳:

« 八甲田:ロープウェイ | トップページ | 八甲田:酸ヶ湯-仙人岱 »