« ウロコ板で林間ツーリング | トップページ | 八甲田:08/04/19 »

2008年4月13日 (日)

高田大岳:08/04/13

 【 山 域 】 八甲田 高田大岳
 【 日 時 】 2008年4月13日
 【 コース 】 谷地温泉 - 山頂
 【 メンバー  】 F-kojiさんツアー10名、Sakky、じg
 【 装 備 】 テレ、単板、テレ
 【 天 気 】 晴

昨日とはうって変わって朝から快晴、八甲田全山全開~
天候はあまり期待していなかっただけに、どこへ行こうか散々考えた挙句、sakky希望で今シーズン初の高田大岳へ決定。
谷地温泉で準備をしていると、なんとF-kojiさんツアーご一行が到着。睡蓮沼満車で高田に変更とか。絶好のコンディションに期待を膨らませつつ、ひと足先に出発。昨日の新雪が積もっているが、スノーシューもシールもハイクには問題なし。30分足らずで974ピークを越え、今日は快調、後続も追いつけまいと思っていると、颯爽とF-kojiさん登場。追いつかれちゃいました。早っ。それにしても、シールなしのウロコ板で高田の山頂まで登るという。マジですか・・・。こちらはノーマル板にシール、念のためにアイゼンまで携帯してきたというに。
以降も登りは順調。1200m付近で小休止。ここまで1時間。徐々に傾斜もきつくなり、サンクラスト部分ではシールの効きも悪いところもあちこちでてきたが、どうにかシールで登りきる。山頂手前のシュカブラの海を越え、2時間強で山頂到着。今日のようなコンディションならこの程度で来れるのか・・・。山頂部で写真撮ったり、各方面のルートを確認したりしているうちに、F-kojiさん達が続々到着。ウロコ組もシール組も皆ツボ足でした。いつもよりは、といってもそこそこ風があり、写真撮影を一通り終えると長居は無用。山頂部はガタガタで滑っても楽しくなさげ、板を担いで一段下る。
ここから先は、高田大斜面の大滑降。ややクラストした薄い新雪ではあるが、それほど気にならず、斜度もあるので、むしろ悪くはないコンディション。快感によいしれながら気持ちのよいターンを刻み一気に滑り降りる。あー最高!
絶景の中昼食をとり、上り返してもう一丁。もーたまりません。974ピークから下のツリーも適度な間隔と雪がイイ感じで最後まで楽しく滑れました。
この時期、自分ら的な八甲田メインディッシュの高田大岳、今回も存分に楽しませてもらいました~
思いもかけず、F-kojiさんご一行と二日間同行できたのも楽しかったです。F-tomoさん、なんどさん、イクちゃん、顧問さん、ボーゲンさん、モノモチさん、Hさん、Yさん、taka3さん、どうもありがとうございました。すっかり私も教祖サマの信奉者です。(笑)

Repo & Photo

03091721    

|

« ウロコ板で林間ツーリング | トップページ | 八甲田:08/04/19 »

コメント

おお!!
そちらは高田だったんですね、今シーズンまだ行って
ません。週末また晴れてほしいですね。

投稿: MASU | 2008年4月14日 (月) 19時34分

三枚目の画像からすると
一番おいしい所を滑りましたね

投稿: yoshi | 2008年4月14日 (月) 20時32分

日曜日はどこもよさげでしたよね。


MASUさん

北の赤倉、迫力あります。
爆裂、うーん、滑れるかな・・・。


yoshiさん

他のメンバーは沢の中を行きましたが、我々2人はここの
バーンを狙い撃ち。
自分的には上々の滑りで大満足~

投稿: じg | 2008年4月15日 (火) 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193220/40873800

この記事へのトラックバック一覧です: 高田大岳:08/04/13:

« ウロコ板で林間ツーリング | トップページ | 八甲田:08/04/19 »