« kameさん@鳥海山:08/05/04 | トップページ | 手作り村で南部煎餅:2008/5/31 »

2008年5月18日 (日)

鳥海山 鉾立-山頂神社:2008/05/18

 【 山 域 】 鳥海山
 【 日 時 】 2008年5月18日
 【 コース 】 鉾立 - 御浜 - 七五三掛 - 千蛇谷 - 大物忌神社(往復)
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 装 備 】 単板、テレ(ウロコ&革)
 【 天 気 】 晴

GW明けから1週挟んで、今日は2年振りの鉾立から~
ゲート着7時半だったが、開門はきっちり8時・・・。いつもの県境付近はブッシュがうるさそうなので、R131をやや戻って1100m付近からスタート。今日は鳥海ではお初となるウロコ革の装備。ちょっと斜度がキツメになるとスリップするものの柔らかめのザラメはウロコの効きもまずまず。やはり何といっても軽快さがステキ。御浜まではアイゼンハイクとほぼ同じペースで進む。ここまで藪漕ぎ1ヶ所、御浜手前で雪が切れ夏道に入る。御浜から先でも2度板を外し、七五三掛へ。柔らいザラメの雪でトレースもあるが、やはり気の抜けない難所。慎重に千蛇谷へ降りる。
千蛇谷にはまだたっぷりの雪。前泊早朝出発組の帰路2パーティ、先行者1名を見かけるものの、今日はいたって静か。後続組は皆外輪の方へまわった模様。
淡々と千蛇谷を詰め山頂神社へ。絶好の景色をおかずにまったりと昼食、昼寝。おやおや、文殊岳から滑り降りるスキーヤーが1人。驚いたことに滑り降りた後、また外輪まで登り返している・・・。どうやらF-Kojiさんだったようです。あいかわらずのご様子です。
さて、ゆっくり休んだ後はお楽しみの千蛇谷滑降。慣れない装備だが、ザラメの雪は快適。滑りの方は・・・、まあ、及第点ということで(笑) せっかくのウロコなので、と帰路あちこち目移りしながらも、結局寄り道はせず素直に往路と同じノーマルなルートを辿る。さすがに1500m付近から下はボコボコ。雪が柔らかいのでどうにか滑れるが、このまま固まったら涙目か。 荒れたバーンをサーフィン気分(by Sakky、というよりはモトクロス?)でスタート地点まで滑りこんで無事終了。
ゲートの開門時間や登り返しも多いので、鉾立側はあまりこないが、海に向かって滑り降りる爽快感はこのルートならでは。今度は『夕日に向かって滑る』にチャレンジか? モチロン、泊まり準備で~

Repo & Photo

121719   

|

« kameさん@鳥海山:08/05/04 | トップページ | 手作り村で南部煎餅:2008/5/31 »

コメント

まだまだ雪が豊富ですね
初めての鳥海山春スキーはこのルートで
外輪から千蛇谷に滑り込んだときはとってもドキドキしました

投稿: yoshi | 2008年5月19日 (月) 18時09分

yoshiさん

日曜はGTSでの出動でした。
山頂アクセスのルートはそろそろ雪が切れるところも
でてきますが、ピークにこだわらなければ、まだまだ
滑りがいのある斜面があちこちに。

やはりこの時期の鳥海は別格だなーとありがたみを
再認識する今日このごろです。

投稿: じg | 2008年5月19日 (月) 20時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193220/41250672

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥海山 鉾立-山頂神社:2008/05/18:

« kameさん@鳥海山:08/05/04 | トップページ | 手作り村で南部煎餅:2008/5/31 »