« 鳥海山:2010/05/05(仮) | トップページ | 2010/05/30:鳥海山 »

2010年5月10日 (月)

鳥海山:2010/05/09

GWも明け、今季初の鉾立、ウロコ/革で。

登り始めこそ日も差して扱ったがやがてガス、薄着だったので寒いくらい。
いつもと雪の状況が違いなんとなく登っていくと藪に阻まれいきなり藪漕ぎ。素直に通常ルートを進んだSakkyは快調なペース、大きく離される。
1550あたりからウロコの効きが悪くシールを貼る。象潟口夏道よりに小浜小屋に向かうがギリギリ雪がつながっている状態。ガスで視界が悪く雪の状態が分からなかったが、どうにか板を脱がずに済んだ。鍋森や小浜から先も雪解けが大分進み、思ったより雪が少ない。
午後に向けて天候回復の天気予報だったが、ガスが晴れるか怪しかったので山頂or文殊方面はやめ、鳥海湖に向かって滑る。雪はまずまずのザラメ、気持ちがよい。一旦小屋までザックを取りに戻り2本目。南側のヘリを越え千畳ヶ原まで滑り降りる。ここの滑りもgood。晴れていると展望と爽快感が抜群の千畳ヶ原であるが、今日はガスで視界がイマイチ。時折ガスが晴れるが、全開とはいかず少々残念だが、それでもここの雰囲気はお気に入り。もう少し晴れてくれれば月山森まで足を伸ばそうかと昼食をしながら様子を見るが回復しそうにない。今日はここで引き返し、再び小浜小屋へ。時間的にはまだ余裕があったので小屋の北側斜面を滑ろうかとも思ったが視界不良は相変わらずで、断念、吹浦口よりに帰路につく。雪はやや緩み快適な滑りを楽しみながら、無事帰着。ちょっと早かったかなと思ったが、今朝は賑やかだった駐車地点もほとんどの車が引き上げたあとだった。


01020304


005


|

« 鳥海山:2010/05/05(仮) | トップページ | 2010/05/30:鳥海山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山:2010/05/05(仮) | トップページ | 2010/05/30:鳥海山 »