« 鳥海山:2010/07/17 | トップページ | 千蛇谷滑走? けっちぞり »

2010年7月18日 (日)

夏スキー@鳥の海:2010/07/18

北東北も梅雨明け、鳥海山も暑かった。
御浜~笙ヶ岳稜線から南東方向に鳥の海まで延びる残雪、前日の偵察の結果十分イケル。
距離と高度差は5月とほぼ同じ、当然起伏はあるものの、スプーンカットというほどのこともなく、ほどよい柔らかさで予想以上のコンディション。結局、10本いただいてきました。大満足~

※写真は全て前日撮影したもの。
+++++

[鉾立]
8時半過ぎに鉾立着。上の駐車場は既に満車、一段下の登山者用駐車場も7~8割程度埋まっている。
前日は7時半過ぎ着で上の駐車場もまだ余裕があったが、好天の3連休中日とあって、昨日に続いて今日の鳥海山も大賑わい。

Img_0001Img_0002


[アプローチ]
暑さに弱い身としては、お目当ての鳥海湖まで無事たどりつけるかが問題で、トレッキングなら一時間足らずで辿り着く賽の河原までが、自分的にはヤマ場。スキーとブーツを加えた荷物の重さと暑さの対策がポイント、当然のことながら、滑る“アシ”が残っていなければスキーを持っていく意味もない。
+
昨日の登りの時とは異なり、今日は登り初めから日差し強くめげそうになるが、気温が高く日射がある方が、雪が柔らくなってくれるはず。「ラッキー」だと思え、と自分に言い聞かせて出発。
心拍/呼吸が大きく乱れないように、ゆっくりと足を進める。
意外に高低差があることに今さらながら気付く。見晴らしのよい登山道は日差しを遮るものもない。
昨日歩いたばかりのコースなので、ペース配分の参考になったのはよかったが、やはり背負った荷が重く、ジリジリと照りつける日差しがうらめしい。
それでも稲倉岳の雄姿に元気をもらい、チングルマやニッコウキスゲがちらほら姿を現してくると、もうひと頑張り。賽の河原手前の急登で雪渓がでてきて、ペースが落ちてきたほてった身体を冷やしてくれるのがありがたかった。

Img_0001_2Img_0003Img_0006Img_0006_2

水場で休憩、顔や首筋、腕を冷やし、たっぷりと水分を補給。空で持ってきた500mlPETボトル2本にも水を汲む。
しばし休んで出発、冷たい水のおかげで大分復活。賽の河原から先はそれほど斜度もきつくなく、雪渓やお花畑の中を進むので、登りの苦行からも解放された気分。そうこうしているうちにお目当ての雪渓着。

Img_0009Img_0008

[滑走]
高低差80m強、滑走距離250m程度はあるだろうか。
起伏はあるが、スプーンカットというほどもなく、それなりに柔らかい雪で、コンディション的には十分。
下部に行くほど残雪の幅が狭まっているが、火口湖のお椀状の外輪の残雪なので片斜面ではなく、まっすぐに素直なラインをとれるので、滑る分にはまだまだ余裕の幅。調子に乗って湖まで滑り込まないように注意、なんてね。
滑り数分、登り返し15分の1サイクル20分程度の行程。
+

今日の装備は、無難な選択で、プラブーツ(T3)にウロコ板(10th)。
担ぐにしても、比較的軽量な組み合わせで、昨年からの鳥海BCスタンダードセット。

1本目、ガスの切れ間を狙って足慣らし。
昨日残雪下部から下見をしているが、念のためザックを背負ったまま滑る。
久し振りなのか、滑り出し数ターンですっぽ抜け。雪の起伏を意識し過ぎか。
その後も力み過ぎで、残雪下部まで滑り降りたときには息切れ状態。
喘ぎながらの登り返し。幸いウロコの利きはよい。

しばし休憩後ザックはデポして2本目。
脱力に重点をおいて軽い滑りを意識。調子がでてきて、けっこういい感じ。
登り返しも、途中で何度か呼吸を整える場面があるるものの、比較的に快調。
ほとんど休憩らしい休憩もとらず続けて3本目。

短い昼寝を挟んで2本、昼食後に3本、コーヒータイム後締めの2本で計10本の滑走。
満足です。


01020304

+
帰り支度をして、15:30にテレブーツのまま帰路につく。
賽の河原の雪渓2ブロックで滑りも締め。冷たい水と残り物のパンで補給、ブーツを履き替え、身づくろいしながら休憩、体調を整える。石畳の下りも膝に不安だったが、今日は特に痛みもでず予定通りのペースで、17:15に鉾立帰還。

こりゃぁ、まだいけますね~♪

|

« 鳥海山:2010/07/17 | トップページ | 千蛇谷滑走? けっちぞり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山:2010/07/17 | トップページ | 千蛇谷滑走? けっちぞり »