« 八甲田らっせるらっせる | トップページ | 祓川 »

2011年2月 6日 (日)

稲倉岳:2011/02/06

sakkyのテレ課題のひとつを果たすべく、稲倉岳へ。
久し振りのBCでバテバテながら、天気予報どおりの好天で景色もよく、どうにかこうにか歩みを進める。
(本荘山の会の4名が先行、トレースを使わせてもらう。感謝。)
森林限界から上は強風、登るにつれ強まる風はお約束通り。
斜面はウィンドパックされているがそれほどクラストしておらずフラットだったので、シールで登りきることができたのはありがたい。
吹きさらしの山頂部は立っているのもままならず、真っ白な鳥海山をバックに写真を撮って早々に撤収。
下りはFパラ東カールに入りそこねたが、吹き溜まりをつないでまずまずの滑り。
ブナ林に入ったところで遅めの昼食を済ませ、快適なツリーランを楽しむ。
登りではガチガチの雪にも関わらずムリめのルート取りをして時間をロスした七曲の急登も、下山時には雪が緩み順調に下り、あとは駐車地点まで一気に滑り、本日の行程も無事終了。

Img_0006Img_0008Img_0009Img_0011


|

« 八甲田らっせるらっせる | トップページ | 祓川 »

コメント

山頂部雪が舞ってますね~横岳も上は風やや強めでした
この時期の鳥海は流石にヤバイですよね~

投稿: MASU | 2011年2月 6日 (日) 22時24分

MASUさん、

あいかわらずのホイドぶりで(笑

稲倉、下の雪が溶けると藪がうるさくなるので、
春スキー時分にはちょっと・・・
とはいえ2月最初の日曜とは思えない陽気でしたね。
山頂に辿り着くまでに身体の右半分は凍ってましたがw

投稿: じg | 2011年2月 6日 (日) 22時52分

拙掲示板への再度の書込ありがとうございます。
冬山にも気軽に入れる時代になりましたね。

兼六園は大学の向かいの観光スポットでした。
花見の時期には酔っぱらった学生が霞が池に入って、顰蹙をかっていました。
それまでは入園料もなく、ただの通路でしたが、卒業した直後の1975年4月から入園料百円となり、深夜は通行止めになってしまいました。
まあ、どうでもいいことですね。

さて、七曲を直登している画像を送るにも、貴メアドが分かりません。
こちらは本荘山の会のトップページにあるものと同じメールです。ご連絡をお待ちします。

明日の晩は某高校卓球部親の会主催の三年生を送る会(大人は宴会)で、あさっては朝5時発。
山岳連盟スキー大会の前の秋田駒登山。夕方から開会式で、翌日(日曜日)はスキー大会(こちらは役員ですが)本番です。
ということで、画像を送るのは21日(月)以降になるかも知れません。

投稿: こんたろう@本荘山の会 | 2011年2月17日 (木) 15時20分

こんたろうさん

写真届きました。どうもありがとうございます。
秋田駒の山岳スキー大会は何度かみたことがありますが、
参加者の登りの速さは、いつも感心。
秋田県勢にはがんばって欲しいですね。

投稿: じg | 2011年2月17日 (木) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八甲田らっせるらっせる | トップページ | 祓川 »