« 阿仁・森吉:2012/01/28 | トップページ | 阿仁・森吉:2012/02/04 »

2012年1月29日 (日)

稲倉岳:2012/01/29

稲倉岳
横岡除雪終了地点08:00-13:05山頂-15:15横岡
曇-雪、森林限界から上は吹雪/視界不良
-
先週は北だったので今週は南へ。
とはいえ稲倉岳向きとは到底思えない風雪模様の天気予報。
あるいは、数日前の本荘地区の大雪もあったので、ラッセルが深ければ
せいぜい森林限界までいけるかどうかという心配もあり、いずれにしろ
山頂アタックはちょっとむずかしいかもと思いつつも車を走らせる。
横岡地区までくると山頂は雲にかくれているが思ったより上の方まで見えている。

いつもの除雪終了地点まで車で入ることができた。
他に入山者はないようだ。そそくさと準備をしていざ出発。
ラッセルは終始足首程度で許容範囲内、軽い雪が気持ちよい。
風も今のところはそれほど強くはない。
長い行程を考慮し抑え気味のペースで進むが、前半でややシャリバテ気味、
ペースが落ちる。750m付近でエネルギー補給。
800m付近からガスがかかり雪も降り出す。案の定、風もでてきた。
森林限界を抜けると視界はほとんど利かない。
どこを歩いているかも分からない状況の中、コンパスとGPSを頼りに進み、
どうにかバカ尾根に乗り上げることができた。雪の状態に注意しながら
シールで登れるところまで慎重に進むことにする。
ところどころクラストしているものの概ね薄い新雪が積もっており、シールの利きはよい。
そのまま淡々と高度をあげなんだかんだと山頂目前。
視界も目標物もないが地形に注意しながらGPSで山頂到着を確認。
当然ながら景色は望むべくもなかったがピークに立てるとは思わなかった。
山頂部は若干風が弱いようだが長居は無用。
下りもシールをつけたまま100%GPS頼みで忠実に往路の軌跡をたどる。
新雪のおかげでシール滑りも順調だったが、とにかくはぐれないように細心の注意を払う。
樹林帯の安全圏まで戻りまずは一安心。
森林限界から下はコンディションもよく快適な滑りを楽しむ。
パウダーの七曲の急坂は初めて・・・でもないか。林道のトレースをたどり無事帰還。

Img_0015Img_0006Img_0016Img_0009_3


|

« 阿仁・森吉:2012/01/28 | トップページ | 阿仁・森吉:2012/02/04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 阿仁・森吉:2012/01/28 | トップページ | 阿仁・森吉:2012/02/04 »