« 稲倉岳:2012/02/25 | トップページ | 鳥海山, the DAY :2012/03/04 »

2012年2月26日 (日)

稲倉岳:2012/02/26

稲倉岳
横岡P点07:50-10:20二つブナ10:30-11:051200---14:30横岡
曇・雪

昨日は一日中降り続いた雪で、コンディションがよくなる一方の稲倉岳。
これを逃す手はないと、2月最後の日曜日は、やはり稲倉岳へ。
天気予報は下り坂だが樹林帯で遊ぶ分には影響もないだろう。
林道のトレースは薄く新雪をかぶった程度で、それほど増えたようにも見えなかったが、七曲は増えた積雪で昨日より大分登りやすくなっていた。登るにつれ新雪の深さも増していきラッセルの足応えが滑りの期待をそそる。
新雪に覆われた静かなぶな森がいつもながら気持ちよい。とりあえず森林限界を超え1200まで登る。
山頂に行って行けないこともなさそうだったが、ちょうど風雪が強まってきたのを言い訳に今日はここまでとする。
下る途中の東側の崖からでかい雪庇が崩れていた。視界不良時には要注意。(っていつもか。)
昨日お試しで滑ったよさげな斜面を少しラインをずらしまずは1本。斜度と雪の深さともにかなり良い感じ。
シールをつけて登り返して昼食。鳥海エリア(他)でその健脚ぶりが有名なSさんが“1本目の”ハイクで上がってきた。先週もニアミスしていたようだが今季お初のご対面。今年もヨロシクお願いします。
昼食後再び森林限界上まででて、向かい風の中トラバース気味に西よりに移動、1170まで登る。
西カールから下ってきた昨日のポイントを目指して滑り込み、そのまま樹林帯を落ちていく。樹林帯の雪はサラサラの極上パウダー。それなりに斜度もあって、立派なぶなが立ち並び、ツリー間隔も広く期待通りのロケーション。
800ちょい上あたりから(2/5にピストンした)隣の尾根に移る。間の沢が口を開けているところあり。十分注意のこと。
尾根の西面から東面横断し、少し高度を下げてから支尾根を下まで滑り下りる、、、つもりがちょいと逸れてしまい急斜面をトラバースする。尾根を降りたあとはスノーブリッジを渡って、(Sさんの?)トレースのついた神社ルートに合流。あとは登りのトレースを下るだけ。
七曲は登り同様、増えた積雪のおかげで昨日よりは滑りやすい。
うっすら新雪をかぶった林道のトレースをこいで、いつもよりはちょいと早めの到着。
稲倉岳のパウダーを満喫した2月。来週からは早や3月突入、まだまだいけますかね~


Img_0010Img_0001Img_0002Img_0003_1


|

« 稲倉岳:2012/02/25 | トップページ | 鳥海山, the DAY :2012/03/04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲倉岳:2012/02/25 | トップページ | 鳥海山, the DAY :2012/03/04 »