« 矢島スキー場から祓川:2012/03/11 | トップページ | ゲレンデ・クロカン:2012/03/24 »

2012年3月18日 (日)

鳥海山 中島台-千蛇谷:2012/03/18

P点08:25-09:25中島台台地上-10:15倒木地-10:45大水場-13:25千蛇谷13:40-14:101930-16:05P点

Img_0001Img_0003Img_0004Img_0006

現地着は早かったが訳あって遅めのスタート。林道で振り返ると快速Sさん登場。湿原手前でぶち抜かれ、そのまま消えてしまった。大水場で様子見をしていたSさんと合流。こちらの遅いペースに合わせてもらい一緒にガスの中をハイク。時折明るくなるもののなかなかガスは晴れなかったが、1450付近で突如視界が開け、千蛇横の外輪、そして山頂が姿を現す。ギリギリシールが利く斜面を登りやっとの思いで千蛇谷へ乗り上げる。(Sさんは当然平気な顔をしているが、こちらはヘロヘロ。)
時間は既に13時半近くとなっていたが手早くカップラーメンで昼食。千蛇谷の雪はクラストしており、ガスの動きも微妙。15時リミットとして進むが、1930付近でシールの利きが悪くなり今日はここでハイク終了。
滑りの方はというと千蛇谷は暴走気味、千蛇下からの斜面もモナカ手前の引っ掛かりやすい雪。時折ブレーキ雪が現れるわ、緩斜面でもややうねりがあるわと、気が抜けない。それにも増して体力を使い果たし、体が思うように動かない・・・。何度も転びながらどうにか下る。滑るときのオープンバーンは視界があったのがせめてもの救い。などと書くと散々な滑りだったようでもあるが、視界のあるこの大斜面を滑って楽しくないわけはないので念のため。
しかし樹林帯からは再びガスの中。雪はザフザフ、板は滑らず、消耗しきった身体には苦行でしかなかった。湿原に下りる頃にはほぼグロッキー状態。ホント疲れました。

体力、滑りともまだまだ修行が足りないと痛感した一日。
まあ、山頂を間近に見れて、千蛇谷まで行くことができたので、それはそれで十分満足。
遅いペースに付き合ってくれたSさんには感謝感謝です。

|

« 矢島スキー場から祓川:2012/03/11 | トップページ | ゲレンデ・クロカン:2012/03/24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 矢島スキー場から祓川:2012/03/11 | トップページ | ゲレンデ・クロカン:2012/03/24 »