« 稲倉岳:2012/02/26 | トップページ | 中島台teleワンデリング:2012/03/10 »

2012年3月 4日 (日)

鳥海山, the DAY :2012/03/04

県道58号除雪終了地点06:50-07:50中島台台地上-08:30倒木地-09:15大水場-11:25千蛇谷11:40-12:30(12:50)神社下13:20-13:40新山山頂-神社下14:30-16:15P点

昨年のGWは外輪の凍結や強風で、とうとう新山にたどりつけなかったが、今季は早々に鳥海山屈指のロングルートから新山踏破。
しかも天候と滑りのコンディションにも恵まれた、まさにthe DAY!
幸せ過ぎて、もう言うことなしです。

Img_0001_1Img_0012Img_0019Img_0036

午後からの晴天予報に期待して中島台から鳥越川・千蛇谷方面を天候、体力次第で行けるところまで。
(あわよくば山頂を踏みたい。)
先週末下見に立ち寄った時は除雪後の積雪で進入を躊躇した県道も、今日は先行車もありどうにか進むことができた。除雪終了地点には秋田ナンバーの車が2台。薄く雪をかぶっており前日からの入山のようだ。
長い行程を考慮し、いつもの日帰り山行より少し早めのスタート。どこまでいけるか。
ラッセルとまではいかないが、踏むと沈む雪。先行パーティのトレースはありがたい。
中島台方面は久しぶりで新鮮味があり、長い林道歩きもなにやら楽しい。
とはいえ上の台地への登り出しまで3km、小一時間は、やはりアルバイトとしては長い。

850付近でふと進行方向に目をやると樹間から山頂部のシルエット。
なんと鳥海山が全開。天候回復が大分早くなったようだ。
これはもう山頂に行くしかないということで、新山ロックオン!
途中の沢筋に先行パーティの雪洞発見。地元の山岳会か。
そこからは今朝出発のトレースが白い雪原に延びていっている。ありがたや~。
一時下の方で雲がでてきたが、それもそのうち消え、ハイク地点から上は終日快晴、微風。
強い日差しは想定外。連れのSは日よけのため間に合わせで即席の赤いマスク、なにやら怪しげな容貌。
それにしても鳥海山はスケールが違う。ロングルートは十分承知のつもりでも、目測の距離感とハイクの時間にズレが出る。当然ハイクも相応につらいが、この素晴らしい大展望には励まされる。真っ白に広がる雪原、迫力ある稲倉岳東壁ルンゼ、なんといっても七高山と新山の二つピークの雄姿にほれぼれ。
遠くに見えた山頂も進むにつれ徐々に近づいてくる。千蛇谷まで上がって少し長めの休憩をとる。
エネルギー補給しハイク再開。ようやく先行者の一人が見えてきて、後を追うように進む。
神社下で何人か休んでいるのが見える。休憩地点までいってトレースのお礼を言う。ホント助かりました。
先行者は(予想通り)本荘山の会の皆さんの4人パーティだった。
ここから上はアイゼンがあった方がよいだろうとのアドバイス。
同じ場所でこちらも休憩。少し遅れてS到着。昼食をとって山頂へ向かう。
神社横から鞍部の方にまわりこみ山頂へ。新雪が積もり思ったよりも雪が柔らかく登りやすい。
山頂部も軽風、360度の大展望には感動。

山頂からのパノラマを満喫したあとは、いよいよお楽しみの大滑降。
滑り出しはややパック気味だが少し下ると快適な新雪。斜度のあるところでは景気よくスプレーがあがる。
先に降りた山の会の皆さんのシュプールも楽しそう。落書きを2本追加していく。
これでもかと続く絶好の斜面、長い登りをがんばった甲斐もあるというもの。
順調な下りで時間的に余裕があるのと、名残おしくもあり、1150付近でコーヒータイム。
今この空間に居ることのできる余韻に浸る。
途中、後学のためにと山の会の皆さん設営の本格的な雪洞のお宅訪問。感想は、立派で広い、そして酒臭い(笑。
そのうちテント泊でもとは考えていたが、雪洞も楽しいかも。(掘る手間はさておいて。)
オープンバーンも下部の方ではややクラストしはじめていたが滑る分には問題なし。
樹林帯の雪はよいコンディションを保っておりツリーランも気持ちよい。
台地のうねりはモトクロス感覚、湿原から林道もトレースのおかげでいたってスムーズ。
最後はハの字で少し登って駐車地点に到着。標高差1800m-往復24kmの豪華山行完了~

鳥海山、やっぱ最高です♪


|

« 稲倉岳:2012/02/26 | トップページ | 中島台teleワンデリング:2012/03/10 »

コメント

おじゃまします。秋田遊歩の藤原です。
3/4は中島台を目指そうとしていたところ、道路がずいぶん手前で雪に埋もれていたので、轍はあったものの断念してしまいました。代わりに稲倉に向かいましたけど、こちらも雪の状態はベストでした。稲倉山頂から見た北面のトレースは本荘山の会&じgさんご夫妻のものだったんですね。私も中島台からは何回か入ってますが、天候&体力勝負のルートゆえ、なかなか登頂は果たせずにいます。ご夫婦ともどもの一日アタック、リスペクトします。

投稿: AYH藤原 | 2012年3月 7日 (水) 19時38分

藤原さん、お久しぶりです。

稲倉もよかったみたいですね。
今年はあの県道に進入するのには勇気が要りますね。
4駆頼りに入っていきましたが晴天で雪が緩んだ帰りの運転は
ハンドルがとられまくりでした。

投稿: じg | 2012年3月 7日 (水) 21時18分

アップされるのを楽しみにしていました。
本荘山の会事務局です。流れるような滑りの動画はうらやましい限りです。
この1年ほどで、3度もすれ違っていたとは驚きです。6月の百宅では上記の藤原さんともご一緒でした。
拙ページのリンクをこのページに、またお名前も「じg」さんに直しました。
まあ、「酒臭い」雪洞ですが、もう1週間ほどは使えそうな気がします。(遅くなると沢に落ちますが)よかったらどうぞ。
昨日の例会で、稲倉岳が込み合ってきて駐車するスペースがない。という不満の声もありました。
林間のおいしい斜面をネット上で紹介するのも困りものだという意見もありました。

ともあれ、「The Day」とはうまいネーミングですね。

投稿: こんたろう | 2012年3月 8日 (木) 09時43分

こんたろうさん、日曜日はお疲れさまでした。

動画はいいとこどりの編集のおかげですね。
こちらもせっせと鳥海エリアには足を運んでますので
山の会の皆さんとはニアミスすることも多いかと思います。
web公開について自分もヨソを参考にしたりしてますので悩ましいところ。
ウチのblogは訪問者も少なく、気まぐれ、手抜きの自分用備忘録なので“害”は少ないかと思ってます。

投稿: じg | 2012年3月 9日 (金) 00時20分

動画拝見〜
目の毒〜
素晴らしい日に当たりましたね
刺激されて鳥海山に気持ちが、、、、
ひょっとして
bcクロカン?

投稿: なんど | 2012年3月 9日 (金) 00時45分

なんどさん、こんばんわ

こちらも平日の抜け駆けをよだれをたらしながら拝見してました(笑。

今年はもっぱらパウダー滑りの練習にセミFATばかりで、
まだクロカンは履いてませんね。
クラストシーズンが終わってザラメになってからかな・・・

投稿: じg | 2012年3月 9日 (金) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 稲倉岳:2012/02/26 | トップページ | 中島台teleワンデリング:2012/03/10 »