« 軽いって自由~[テレ・クロ編]? | トップページ | 八甲田 櫛ヶ峰:2012/04/08 »

2012年4月 1日 (日)

南八甲田3クラツアー:2012/04/01

酸ヶ湯ゲート開通08:00-睡蓮沼08:30-09:45猿倉岳09:55-★-10:20矢櫃橋-11:30乗鞍岳-12:00鞍部12:25-1245赤倉岳12:55-14:25蔦温泉

八甲田・十和田湖ゴールドラインの開通に合わせ、4月入ってようやく今季初となる八甲田遠征。南八甲田の3つのピークをたどる“3クラ”ツアーはお気に入りのルートです。
これまで八戸山水会のツアーに同行させてもらっていましたが、今年は2人だけでの挑戦。恒例イベントとなっている山水会の皆さんも登場。これまでお世話になった成果?を見てもらうべく頑張って先行。
出発地点の睡蓮沼では北と南の八甲田の展望が開け、久しぶりの景観に2人でご満悦。
軽いラッセルで最初のピーク、猿倉岳を目指す。上部はガスや風がやや心配だったが猿倉岳山頂につくころには雲も取れ、これは幸先がいいぞ、などと思っていれたのもここまで。いざ滑降ということで東面のオープンバーンに進入したところで雪崩を誘発。斜面のほぼ全面が崩落する大規模なものとなった。雪崩にまきこまれ数10m流されはしたものの、幸い大事にはいたらず、気をとり直して予定のルートでツアーを続行することにする。
乗鞍岳山頂は雪、視界もいまひとつ。山頂からは安全のため赤倉岳との鞍部につながる東尾根の北側の樹間を下る。東~北東面はガリガリで慎重に下るのがせいいっぱいだった。鞍部で昼食をとり赤倉岳山頂へ。
赤倉岳からの下りは重い湿雪で滑りもいまひとつだったが、美しい樹林帯のツーリングは気持ちがよい。せっせとスキーを進め、蔦温泉に無事到着。
いろいろありましたが、終わってみれば、やはり楽しい八甲田ツアー。
これからも山スキーを楽しんでいくために、安全には十分注意していきたいと思います。


Img_0001Img_0007
雪の壁が高い。スコップとスノーソーで登り口をつくってよじ登る。


Img_0008Img_0003_2Img_0005
睡蓮沼はよい天気。猿倉岳山頂部にかかる雲の流れが速い。上部は強風?
北八甲田の景観も素晴らしい。


Img_0008_2Img_0010
猿倉岳山頂。雲もとれて視界も良好。ここまでは平和だったが・・・


Img_0001_1Img_0012
猿倉岳東斜面で大規模な表層雪崩発生
[雪崩の状況:登山ガイド阿保さんのblog に掲載]


Img_0016Img_0015
乗鞍岳山頂。とにかく安全第一を心がける。


Img_0027Img_0019
赤倉岳山頂。ここまで辿りつくことができました。


Img_0028Img_0026
無事下山


|

« 軽いって自由~[テレ・クロ編]? | トップページ | 八甲田 櫛ヶ峰:2012/04/08 »

コメント

これからは、ゾンビの仲間入りですね!
高田にしろ雪崩の誘発は人様でしたか〜

投稿: kame-G | 2012年4月 4日 (水) 12時01分

ゾンビですか?
ちょっとイヤかも・・・

雪崩は怖いですね(苦笑

投稿: じ | 2012年4月 5日 (木) 01時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軽いって自由~[テレ・クロ編]? | トップページ | 八甲田 櫛ヶ峰:2012/04/08 »