« 南八甲田3クラツアー:2012/04/01 | トップページ | 鳥海山(中島台-千蛇谷-新山):2012/04/14 »

2012年4月 8日 (日)

八甲田 櫛ヶ峰:2012/04/08

酸ヶ湯P07:10-07:50水道敷-10:40櫛ヶ峰山頂11:10-11:25鞍部12:05-13:00駒ヶ峰-13:15ニセ駒付近-12:25迷岱-14:10水道敷-15:20P

Dsc01385

Dsc01411Dsc01421Dsc01439Img_0001


横岳-櫛ヶ峰-睡蓮沼の予定だったが、降雪によりR395は閉鎖、開通9時ということで急きょルート変更。
地元山岳同人たがじょさん御一行の後をついて水道敷から櫛ヶ峰を目指す。
一度はやってみたかった八甲田ウォークだったが、図らずも念願達成。
高い雪壁に挟まれた白い回廊をノコノコ歩くのもなかなかおつなものです。

ただし、この後の長丁場と帰りはどうすんだ?というのは、考えないようにしよう・・・。
歩いて帰るよりは、石倉-硫黄鞍部(または仙人岱!)まで上がって滑って戻るか、
なんて声は、、、聞こえない、聞こえないふり。
水道敷とやらから南八甲田に進入、いったん沢に下り登り返すルート。
沢の両側の斜面からの景色は新鮮で、新雪も積もり、この辺りを滑るのも楽しそう。
(今回は登りに使っただけで滑りはしなかったが。)
振り返れば北八甲田の展望がどーんと飛び込み、ハイクアップの苦労も吹き飛ぶ。
湿原に乗り上げ、姿を現した櫛ヶ峰に向かい、期待を膨らませながら進む。
櫛ヶ峰の西側の稜線には雪庇が張り出している。斜面中央西よりを登り、雪庇の切れ目から西稜線に上がる。
上部はやはり風が強く、ところどころクラストがむき出し。シールの利きやすい場所を選んで進む。
2年振りの南八甲田最高峰は格別。同行の皆さんも、歓声やら写真撮影やらではしゃぎまくり。
上部の雪庇を避け、東稜線側に少しくだって中央斜面に飛び込む。
軽くパックされているが適度な深さのパウダーラン、この時期にしてこのコンディション。最高です。
他のメンバーも思い思いに楽しげなシュプールを刻み、皆満足そう。
斜面を眺めながら昼食をとった後は、樹氷の復活した駒ヶ峰経由で帰路につく。
お帰りルートの滑りもなかなかよろしい。さすがに下るにつれ滑りが悪くなり、雪の回廊の上の歩きも長かったが、天気もよいので気分はよい。今週もたっぷり歩いて無事帰還。
先週に続いての南八甲田ロングツアー、計5つのピークも踏めて、今週も満足のツアーでした。


kameさん編集ムービー

|

« 南八甲田3クラツアー:2012/04/01 | トップページ | 鳥海山(中島台-千蛇谷-新山):2012/04/14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 南八甲田3クラツアー:2012/04/01 | トップページ | 鳥海山(中島台-千蛇谷-新山):2012/04/14 »