« 太平山:2012/06/23 | トップページ | 鳥海山:2012/06/24 »

2012年6月23日 (土)

鳥海山:2012/06/23

梅雨の合間をぬって鳥海山。

秋田市内は雨。うだうだと惰眠をむさぼっていたが昼前にライブカメラを見ると晴れてきたようだ。今日も午後からの回復に期待して雨の降る中出発。本荘に入ったあたりから雨がやむ。13時過ぎに祓川着、写真撮影の車1台のみ、登っている人はいないようだ。
今日も板を担いで出発、雪は柔らかく凹凸も小さくなっており、登るにつれて一足早く雲が晴れていく。これはいつものパターンかと期待がふくらむが、薬師の上からはガス。風も強くなってきたためアウターを着る。舎利坂から登山道に入る。この辺りにも花の季節が到来、雪と岩の中に彩をそえている。舎利坂中間付近のガレ場では身体があおられる強風と足場の悪さでよろけながら進む。今日はなんとなく身体が重くあえぎながらもまずまずのペースで山頂着。晴れ待ちしながら休憩するが携帯でみたライブカメラの鳥海山はガスの中・・・。あきらめて下ることにする。予想通り雪はしっとりと柔らかく、しかもフラット。一滑りしてもまだ寒いので、身体を温めがてら登り返してもう1本。視界不良、風はあいかわらず。展望がないのが少々残念だが滑りは快適、先週もよかったが今日はもっとよいかも。満足しながら帰路につく。大雪路まで下ると視界が開けてきた。ここから下も先週に比べると大分滑りやすい。七ツ釜から下は慎重に。いつものところまで滑り降りて板をぬぐ。途切れがちな雪をつないで登山道復帰。竜ヶ原湿原の木道を抜け、雨に降られることもなく貸切鳥海山行終了。


Img_0001Img_0009Img_0014Img_0018

Img_0019Img_0020Img_0022Img_0027

Img_0028Img_0029Img_0030Img_0031

|

« 太平山:2012/06/23 | トップページ | 鳥海山:2012/06/24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太平山:2012/06/23 | トップページ | 鳥海山:2012/06/24 »