« 鳥海山:2012/07/14 | トップページ | 水出しコーヒー »

2012年7月16日 (月)

鳥海山:2012/07/16

天気予報では南の方がよいということで、湯の台か月山でもと考えていたが、早朝の秋田市は結構な降り。眠いし・・・とくじけてまた寝る。ゆっくり目に起きて体重を量ると昨日の不摂生が目の当たりに。やはり、おヤマに行かねばとしばし行き先に思案。近場の太平山かとも思ったが、降雨確実、カッパ着ると暑いんだろうなと、今日も鳥海山に向かう。由利本荘市ではときおり日も差し込み、予報通り県央部よりは状況がよい。祓川も駐車場では日差しがあったが風が強く、上のほうにはガスもかかっていた。さて、どこまで行けるかな?
スキー装備なしだと荷物が軽い。オーバーペースにならないように注意しながら、ややピッチを上げて進む。
ダケカンバに覆われた登山道を抜け賽の河原で最初の雪渓を横切る。ここから上はガスの中。そして結構強い向かい風。七つ釜下の急登は途中でギリギリ雪がつながっているが、来週は切れていそう。まずまずのペースで小屋前通過。板を担いでいると七ツ釜横の夏道は意外に登りにくいが今日は板なしなので問題なし。康新道分岐から大雪路の長い雪渓でも視界はほとんどないが、“通い慣れた”ルート、淡々と進む。薬師の沢の雪渓は崩落が進んでいるので要注意。登山道では風が遮られているが終始轟音が響いている。舎利坂下の雪渓の前で念のためカッパ(上)を着用、ここから上は吹きさらし。舎利坂では風に身体があおられるような瞬間もあったが、概ね想定の範囲内。足の運びに注意しながら高度を稼ぐ。斜度が緩む山頂目前からはダッシュをかけようとも思ったが強い風に阻まれる。一踏ん張りして山頂着。ベストタイム更新、やった~♪
山頂は案外おだやか。おにぎりを食べてしばし休憩。長居はせず下山。
夏山の下りは苦手だが、注意しながらある程度スピードを意識してぐんぐん下る。
七ツ釜下の急斜面の雪渓に入ったところで一度転倒。気を抜いたか。かかとで蹴り込んだり、スプーンカットの起伏を利用したりで、滑らないように気をつけながら足を運ぶ。御田でカッパを脱ぎバナナと水で補給。そこから先もペースを維持し、タッチラ坂の後半は駆け足。神社上の最後の雪渓を慎重に下りラストスパート、と思ったところでカメラを落とす。バッテリーやSDカードも飛び散っていた。若干の時間のロスを気にしながらやれやれと拾い集める。時計を見て最後の木道はダッシュ、祓川ヒュッテ着。山頂往復3時間は自己新記録。案外イケルね、自分。(笑
一時間半の猛者にはかなわないが、条件がよければもうちょい縮めれるかな?
出発遅い、ガスで展望なし、日差しはなく風でオーバーヒート抑制という条件に体調もよく、今日はタイムトライアルとなったが、落ち着かない山行ばかりでもつまらないのでほどほどに。
まあ、フツーは暑さにヤラレルので、そんな心配もいらないか・・・。


祓川ヒュッテ12:31-七つ釜小屋13:11-氷の薬師13:40-舎利坂入口14:02-14:15七高山14:23-15:31祓川ヒュッテ


Img_0001Img_0002Img_0003Img_0004

Img_0005Img_0006Img_0007Img_0008

Img_0009Img_0010Img_0011

|

« 鳥海山:2012/07/14 | トップページ | 水出しコーヒー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥海山:2012/07/14 | トップページ | 水出しコーヒー »