« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月26日 (日)

鳥海山:2012/08/26

大清水04:30-07:01七高山-新山

Img_0011Img_0027Img_0029

今週は百宅から。いつもとちょっと違う鳥海山。唐獅子小屋までの道は久しぶり。やっぱり屏風岩は圧巻。
ここから上は、2ヶ月前に滑った斜面を思い出しながら。
新山から行者岳に抜ける道は崩壊のため通行止めになっていました。
(by s)

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

鳥海山:2012/08/19

暑さ対策での早朝発はすっかり恒例。
祓川04:30-06:06(s:06:28)七高山-康新道-祓川
 七高山から別行動。sのみ新山へ。

Img_0001_2Img_0002Img_0021

祓川04:30-06:28七高山-新山-行者岳-七高山08:40-康新道-11:15祓川

朝日を浴びながら鳥海山トレーニング。七高山までは一気に登ったものの、その後は休み休み山頂付近をうろうろ。最近は中島台や稲倉岳、鳥海湖も見える新山山頂ピークの隣のピークがお気に入り。
帰りは緑がすごくきれいに見えた康新道から。春に滑った北面が間近に見えて感動。ふち歩きの終わり頃にガスが出てきて・・・
木の枝をかき分けたり、分岐まではとても長く感じて体力消耗…。今年初の木苺を食べて元気復活して、でもゆっくり下山。
(by s)

| | コメント (0)

2012年8月15日 (水)

鳥海山:2012/08/15

j単独。
祓川02:00-03:57七高山-新山
星空のナイトハイク。絶好のコンディションで新山山頂で日の出を待つが、御来光直前でガス。ガスの切れ間から一瞬太陽が姿を出すがそれっきり。今年2回目の影鳥海もおあずけ。

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

岩木山:2012/08/14

s単独。
百沢スキー場06:11-姥石06:50-焼止ヒュッテ07:26-錫状清水08:06-鳳鳴ヒュッテ08:26-0840山頂09:17-11:30登山口

Img_0043

4月に強風とガリガリ急斜面が怖くて私ひとり山頂に行けなかった岩木山。(弥生コース・テレマーク)
ルートは違うけど、下から山頂に挑戦。百沢スキー場駐車場から上はガスの中、山はどこ?
登山者らしい車も止まっていない感じ(?) よく分からないけど姥石までは休まず行こうと決めて出発。焼止ヒュッテまでは適度に高度を稼いでいけて歩きやすい。この後ずっと前から気になっていた坊主コロバシ。続く小さい滝を横に見ながら岩をよじ登っていくうちに視界が開けて、どんどん青空に。錫状清水まで来ると、ちょっと安心感。あとは一気に山頂へ。
なんとか、リフト営業時間前には到着。岩陰に隠れてしばらく景色を見ながらしばらくぼーっとしていると急に騒がしくなり、様子を見ると、たくさんの人! 急いで下山開始。
下るにつれて木が高くなって強い日差しを遮る。時々風が強く吹いて、木漏れ日があまりにも綺麗で何度も足が止まる。
スキー場に着いて振り返ると山が全開。本当に綺麗。
帰りは嶽きみ食べて、お土産用にも購入。温泉は岩木山近辺は夏休みと嶽きみで人と車がたくさんでゆっくりできなそうなので、行ってみたかった大鰐温泉の鰐comeへ。ここいいかも。

| | コメント (0)

2012年8月12日 (日)

岩手山:2012/08/12

s単独。
御神坂登山口05:00-切接05:30-わらじぬぎ場05:46-大滝06:10-笠締06:40-不動平小屋07:25-07:48山頂08:00-山頂部一周-08:40八合目小
屋09:00-11:25登山口

Img_0051

自宅から一番近い登山口から岩手山へ。
標高差は1400m、急登好きのコース。わらじぬぎ場までは土がやわらかく斜度もなく歩きやすい。その後少しずつ斜度が増し笠締からは岩場の連続。途中岩壁をつかみながら通る箇所あり恐怖。
鬼ヶ城分岐から不動平に下り、山頂へ。天気は期待していなかったけれど視界十分、青空も。
御鉢をまわって、八合目へ。(八合目小屋、九合目不動平間はたった10分!)立派な水場。休憩後下山開始。
下山時登ってくる人は6人で駐車場もガラガラ。静かな山行終了。
前回焼走りコースを登った時は登山を始めた頃で本当に大変だったけど、今回は時間的にも体力的にも予定通りで満足。

| | コメント (0)

2012年8月 5日 (日)

鳥海山:2012/08/05

2日続けて湯の台から。
2時半出発で月明かりの山歩き。外輪で影鳥海。七高山~新山を回って、昨日のゲレンデに戻り今日も雪渓スキー。

Img_0006Img_0014Img_0023

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

鳥海山:2012/08/04

bcxcを担いで、炎天下に遅めのスタート。
大雪渓中間部までたどり着くのがやっと。
ゲレンデ造成後のコンディションはまずまず。
昼寝、休憩をまじえながらまったりと滑る。
八丁坂のお花畑は見事でした。

Img_0001Img_0009Img_0012

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »