2011年6月26日 (日)

stove's

暇つぶしの成果?
最近の鳥海山行では実戦配備で活躍中。十分使えます。

メインのものは屋内で300mlを4分前後で沸騰。火力はこれくらあれば自分的には十分。
(2人分のカップメン用700mlを屋外で8分前後。水温・風等の条件で時間は変化。)
屋外使用の場合はアルコールの消費が多いように感じるが、時間的には大差なし。
長時間燃焼タイプ(狙って作ったわけではないがw)は火力が弱いが燃焼は約3倍の時間継続。
単なる缶でアルコールを燃やすよりも燃焼時間が長くなるようだ。

昨年のテント泊山行ではコッヘル炊飯が多かったので、アルコールストーブで炊飯テスト。
メインと長時間タイプの2種類使用、30mlのアルコールで20分足らずで1合半のご飯が上々の出来。
屋外でのアルコール消費量と火加減はトライアンドエラーで詰めてみよう。

Img_0001Img_0002Img_0003Img_0004


| | コメント (2)

2011年6月 2日 (木)

アルコールストーブ自作/準備完了!?

家にあったもので、間に合わせの携帯五徳と風防製作。
せっかく風防つくったので、さっそく屋外(家の前)で燃焼テスト。
小雨だったが風はあまりないので、特に問題なく300mlのお湯がわかせた。


P1090176P1090190P1090191
Img_0003Img_0001Img_0002

-----
◆燃焼テスト

+++
 #3a
 11/06/02
 屋外(小雨、軽風)
 アルコール15ml
 水300ml(初期温度16℃)
 コッヘル:アルミ/φ11・0.9L
 五徳(ジェット孔-コッヘル底:55mm)
 風防あり

+++ (時間のデータはアバウト)
 スタート    00:00
 プレヒート  02:00
 沸騰     07:30   *5分半
 jet終     08:30
 鎮火     09:30

P1090186P1090187P1090188P1090189


いつもの装備に+100g程度でアルコールストーブセット追加。
(ガスストーブ/カートリッジをもたなければ重量減。)
ストーブ本体がプロトタイプなのでほかのものも寸法が適当だが、携行性もまずまず。


見切り発車的ではあるものの、とりあえず実地テストの準備は完了♪
実地の結果をみて、お次は”その筋”で標準的な450mlクッカー想定のシステム
構想でもしてみようかな。

| | コメント (2)

2011年6月 1日 (水)

アルコールストーブ自作#3

昨日作った3個目、塗装を剥がしてマイナーチェンジ。
3種類作ったうち、とりあえずこのタイプを実地で使ってみる予定。

P1090163


P1090158P1090162


-----
◆燃焼テスト

+++
 #3a
 11/06/01
 屋内
 アルコール20ml
 水300ml
 コッヘル:アルミ/φ11・0.9L
 五徳(ジェット孔-コッヘル底:80mm)
 風防なし

+++
 スタート    00:00
 プレヒート  02:30
 沸騰     07:30   *5分
 jet終     10:30
 鎮火     11:30


| | コメント (0)

2011年5月31日 (火)

アルコールストーブ自作#2

悪乗り気味に2、3号機製作。
作り方をあれこれ試行錯誤中。

P1090146P1090155P1090157

| | コメント (2)

2011年5月30日 (月)

アルコールストーブ自作#1

アルコールストーブ、自作してみました。
立派なサイトがたくさんあるので、お恥ずかしい限りですが、自分用の記録としてアップ。

とにかく燃焼テストをやりたかったので、構造が簡単な2ピース?のサイドバーナー式、
ろくに寸法取りもせず、切って、穴あけて、組立てただけ。
(切断面のバリ取りも申し訳程度。取り扱い注意w)

とっても簡単♪
(というか、これ以上ないくらいの手抜き・・・)

燃えた、お湯沸いた、などと喜んでいてデータ取り忘れました。
テストなってないし・・・(汗
まだまだ改良が必要だけど、時間があればいくつか作って、よさそうなものを
週末実地テストしようかと考え中。
アルコールストーブの扱いに慣れていないので、それが一番問題か。

P1090134P1090137P1090141P1090142


| | コメント (0)