2013年4月21日 (日)

2012-2013 Season Digest

鳥海山 12/11/11
(百宅コース,唐獅子平)

121111_01121111_02121111_03121111_04

立山 12/11/22-24
(室堂,一の腰,室堂山,雷鳥平,山崎カール,他)

121122_01121122_02121122_03121122_04

121123_03121123_04121123_05121123_06

121124_002
121124_01121124_03121124_04121124_05


八甲田 12/12/02
(酸ヶ湯,大岳,硫黄岳)

121202_01121202_03121202_05121202_15


八甲田 12/12/09
(酸ヶ湯,大岳)

121209_01121209_03


八甲田 12/12/16
(酸ヶ湯,偵察?)

121216_01121216_02121216_03


ニセコ 12/12/31-13/01/03

1301_011301_021301_031301_04


雪中泊訓練 13/01/06
(秋田県内某所)

Dsc02356


雪中泊訓練 13/01/19
(秋田県内某所)

130119_01


秋田駒ケ岳 13/03/17
(アルパこまくさ-阿弥陀小屋)

130317_01130317_02130317_03130317_04


岩木山 13/03/31
(弥生コース,大黒沢)

130331_01130331_03130331_04130331_05


鳥海山 13/04/20
(中島台レクリエーションの森-新山)

130420_01130420_02130420_03130420_04

| | コメント (8)

2012年4月21日 (土)

乳頭-駒ヶ岳 BCXC縦走:2012/04/21

孫六登山口08:21-09:34田代岱小屋-10:04乳頭山ピーク10:20-11:13笊森ピーク11:25-12:19宿岩-12:46湯森山ピーク-13:00鞍部(昼食)13:20-14:04焼森-横岳-15:03阿弥陀小屋-15:27男女岳ピーク15:35-16:01八合目小屋16:10-16:39アルパこまくさ

主要ピークを踏みながら、好斜面の滑降を織りまぜ、適度なアップダウンを繰り返すこの時期お気に入りのウロコ板縦走ルート、今年はBCXCで出動。
アチラコチラのおいしそうな斜面に引き込まれても、ウロコの機動力でルート復帰も楽々。さすがに時間と体力には限りがあるので、完走するためには、あまり寄り道ばかりもしてられないが・・・。


エリアのほぼ全面がザラメだったが、深すぎたり、ブレーキがかかったりで、場所によっては滑りに気を使うが、少々テクニカルな部分も含めお目当ての斜面では概ね滑りを楽しむことができたかな。
ツアー途中で久々の遭遇となったなんどさん御一行もパラダイスを満喫した模様。

終日快晴、風はやや強め、爆風の男女岳ピークはご愛嬌w。
とにかく好天に恵まれ、絶好の展望の中、今年も軽快スキーツアーを楽しむことができました♪


Img_0010Img_0018

Img_0015Img_0017

Img_0026Img_0028

Img_0032Img_0038

Img_0046Img_0050

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

ゲレンデ・クロカン:2012/03/24

雨の中、昼前に自宅をでて午後からたざわ湖3h。
まほろば的には禁じ手の圧雪ゲレンデBCクロカンではあるが、かもしかのフード付高速リフトで手ごろな距離をグルグル回れるので、短時間で本数稼ぐ練習にはよいかと。
始めは雪が硬くてアイスバーンもありゲレンデは選択ミスかとも思ったが、降り続く雪でまずまずのコンディションに。2種類の板を2人で交換しながら滑りと板のチェック。
BCクロカンはシーズン初めの八幡平以来で年が明けてからは初めてと久しぶり。勘どころは大分戻ったかな?
雪面との圧のやりとりのダイレクト感は柔らかいブーツと細めの板の道具立てならでは。思いの他楽しめました。

[本日のお道具]
カルフURSA (160-65/59/62)
MADSHUS Eon (165-83/62/70)


| | コメント (0)

2011年2月27日 (日)

雪山ハイク@駒近隣:2011/02/26-27

今週末は遅めの出発で軽めの雪山ハイク。
たまにはこんな週末も・・・


+++
2011/02/26 仙岩峠
仙岩トンネル岩手側10:30-11:20稜線790-11:50県境稜線(仙岩トンネル直上)900-12:15稜線790-12:50仙岩トンネル
噂の貝吹岳の偵察に。取り付きから稜線までガリガリ。途中からツボ足で登る。稜線からは景色もよくお初のコースにワクワク。ただ時折風の轟音が響き樹林帯を外がやや不安。県境稜線に合流、貝吹岳までもう一息のところまで来たが本日はここまで。ガリガリの痩せ尾根に風強し。エリアの様子はある程度つかめたので、山頂は次回のお楽しみ。ひょっとしたら雪がとけてからか?

Img_0002Img_0014Img_0016Img_0017


+++
2011/02/27 乳頭山
孫六温泉(P点)11:10-田代岱小屋12:30-13:00乳頭山山頂-13:30小屋14:00-14:55孫六温泉(P点)
こちらも今季初。予想通り山頂方面はガス。1350から上は視界がほとんどなく、やや風もでてきたがこの程度なら問題なし。ガリバーンにスリップしながらシールでピークまで。写真を撮って撤収。「今日は普通に戻ろう」と釘をさされ、ほぼ登り」のルート通り下る。山頂直下のガリガリに苦労するが、途中からの新雪気持ちよかった。小屋で昼食後下山。コチラも、楽しくもタフな滑り、でした~。

Img_0006Img_0009Img_0010Img_0011


| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

乳頭-駒 2days:2010/4/10-11

4/10 乳頭-駒ヶ岳縦走

4/11 乳頭(孫六-山頂手前 往復)


仮レポ:4/10

| | コメント (0)

2010年2月27日 (土)

荷葉岳登り隊:2010/02/27

-----
荷葉岳

 【 山 域 】 秋田駒ヶ岳
 【 日 時 】 2010年2月27日
 【 コース 】 鶴の湯別館-山頂
 【 メンバー  】 なんどさんご一行5名、Sakky、じg
 【 装 備 】 tele&シール(S:SD/T3、じ:WS/T3)
 【 天 気 】 晴れ


1週間でパウダーシーズンから春スキーシーズンに一転。雨の後の好天続きで雪の期待はできないが幸い天気はよさそう。さて、どこへ行こうか思案している最中なんどさんご一行が荷葉岳登り隊募集。ホームゲレンデからいつも眺めていたよさげなオープンバーン。お師匠様他山行レポも散見され気になっていた山。即決で出陣決定!
今日はなんどさんたちにお任せでちんたら後ろをついていく。順調に高度を上げ思ったより早く山頂着。360°の景色をおかずにまったりと山頂ランチ。滑りの方はというと、さすがに快適とはいかなかったが、南斜面で比較的雪が柔らかく、今週の状況としては十分か。これはこれで結構楽しいゾ。最後の疎林もツボ足よりはスキーがよいという結論。
取付から890m地点までは急登の疎林で登り降りに苦労するが、そこから上は気持ちのよいオープンバーンとブナの森。山頂からの景観もよく、特に田沢湖は絶景。次は雪のよいときに行きたいな。皆様、大変お世話になりました~

08:50 駐車地点
09:20 取付
10:25 890
10:45 900
11:40 1150鞍部
12:15 山頂
13:00 山頂発
13:45 890
14:30 取付
15:30 駐車地点

01020304

05060708

09101112

131415


2009/3/20 たざわ湖スキー場から
00

| | コメント (2)

2010年1月23日 (土)

2010/01/23:笹森山方面偵察

乳頭スキー場から笹森山方面へ偵察に。森林限界から上はガリガリで視界もなく、1240m付近であっさり撤収。林間はサラサラッのパウダーで気持ちのよいツリーランを堪能♪

Img_0001Img_0003Img_0004

| | コメント (0)

2010年1月 3日 (日)

秋駒8合目:2010/01/03

-----
秋田駒ヶ岳8合目

 【 山 域 】 秋田駒ヶ岳
 【 日 時 】 2010年1月3日
 【 コース 】 アッスルスキー場-8合目
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 装 備 】 tele&シール(S:SD/T3、じ:WS/T3)
 【 天 気 】 雪・くもり

今期初のBCは、装備と身体のチェックとラッセルトレーニングを兼ねて、旧アッスルスキー場から秋駒8合目詣に行ってきました。
年末年始たっぷり降った新雪、正月中は入山者も少ないのかトレースもなし。樹林帯から上もクラストせずガスってはいるが風はあまり強くない。最後までラッセルし通しでかなりきつかったが、静かな雪山で新雪と戯れるのはやはり気持ちがイイ。

09:00 アッスル駐車場
10:40 ゲレンデトップ
11:15 片倉橋
12:15 8合目小屋
    昼食
13:55 8合目発
14:35 ゲレンデトップ
15:15 アッスル駐車場

01020304







05060708

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

ウロコtele縦走ツアー 乳頭~駒ヶ岳:09/04/18

 【 山 域 】 駒ヶ岳
 【 日 時 】 2009年4月18日
 【 コース 】  孫六温泉-乳頭山-笊森山-湯森山-横岳-八合目-アルパコマクサ
 【 メンバー  】 Sakky(10th)、じg(GT/革)
 【 装 備 】 ウロコtele板
 【 天 気 】 晴

Repo & Photo

Img_0029Img_0031Img_0013Img_0018Img_0019Img_0066Img_0077      

| | コメント (0)

2009年3月 8日 (日)

駒ヶ岳県境越ツアー:09/03/08

 【 山 域 】 駒ヶ岳
 【 日 時 】 2009年3月8日
 【 コース 】 アッスルスキー場-八合目-湯森山1370-国見温泉入口
 【 メンバー  】 Herbieさん、Sakky、じg
 【 装 備 】 アルペン、テレ
 【 天 気 】 晴、稜線部は強風

久し振りにお師匠様と駒ヶ岳ツアー。
ルートは2年前に岩手側の下見を済ませていた、駒ヶ岳の秋田側からアプローチ&稜線/県境越え~国見温泉入口の長丁場。天気予報通り朝から好天、オプションで寄り道して遊んで行こうなんて淡い期待を増長させる青空。イイ感じです。
国見入口に1台車をデポしスタート地点のアルパこまくさへ移動。パノラマツアーの雪上車のおかげで快調なペース、途中から入った樹林帯にはよさげなパウ、期待が高まるも森林限界から上はパックスノーにガリ、8合目から上は強風。真横から吹き付ける爆風でアイスバーンの上で横滑りなんて場面も・・・。“寄り道”する余裕などなく湯森山頂もパスして稜線途中から早々に退避。滑り出しの雪はそれなりに滑りやすかったが、少し下がると湿雪で重くなり斜度が緩んだところからは滑るというよりはスノーハイク。後半戦にもたっぷり時間をかけ、ようやく国見入口へ辿り着く。いやぁー長かった。

Repo & Photo

020610_2   

| | コメント (0)