2013年4月21日 (日)

2012-2013 Season Digest

鳥海山 12/11/11
(百宅コース,唐獅子平)

121111_01121111_02121111_03121111_04

立山 12/11/22-24
(室堂,一の腰,室堂山,雷鳥平,山崎カール,他)

121122_01121122_02121122_03121122_04

121123_03121123_04121123_05121123_06

121124_002
121124_01121124_03121124_04121124_05


八甲田 12/12/02
(酸ヶ湯,大岳,硫黄岳)

121202_01121202_03121202_05121202_15


八甲田 12/12/09
(酸ヶ湯,大岳)

121209_01121209_03


八甲田 12/12/16
(酸ヶ湯,偵察?)

121216_01121216_02121216_03


ニセコ 12/12/31-13/01/03

1301_011301_021301_031301_04


雪中泊訓練 13/01/06
(秋田県内某所)

Dsc02356


雪中泊訓練 13/01/19
(秋田県内某所)

130119_01


秋田駒ケ岳 13/03/17
(アルパこまくさ-阿弥陀小屋)

130317_01130317_02130317_03130317_04


岩木山 13/03/31
(弥生コース,大黒沢)

130331_01130331_03130331_04130331_05


鳥海山 13/04/20
(中島台レクリエーションの森-新山)

130420_01130420_02130420_03130420_04

| | コメント (8)

2012年12月 9日 (日)

今週も

Img_0001Img_0002
森林限界から上はけっこうな風。

| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

八甲田山:12/09/17

s単独。
久しぶりの八甲田は酸ヶ湯から仙人岱-大岳-井戸岳-赤倉岳-毛無岱の周回の大展望ツアー。


Img_0025Img_0032Img_0059Img_0071

| | コメント (0)

2012年4月 8日 (日)

八甲田 櫛ヶ峰:2012/04/08

酸ヶ湯P07:10-07:50水道敷-10:40櫛ヶ峰山頂11:10-11:25鞍部12:05-13:00駒ヶ峰-13:15ニセ駒付近-12:25迷岱-14:10水道敷-15:20P

Dsc01385

Dsc01411Dsc01421Dsc01439Img_0001


横岳-櫛ヶ峰-睡蓮沼の予定だったが、降雪によりR395は閉鎖、開通9時ということで急きょルート変更。
地元山岳同人たがじょさん御一行の後をついて水道敷から櫛ヶ峰を目指す。
一度はやってみたかった八甲田ウォークだったが、図らずも念願達成。
高い雪壁に挟まれた白い回廊をノコノコ歩くのもなかなかおつなものです。

ただし、この後の長丁場と帰りはどうすんだ?というのは、考えないようにしよう・・・。
歩いて帰るよりは、石倉-硫黄鞍部(または仙人岱!)まで上がって滑って戻るか、
なんて声は、、、聞こえない、聞こえないふり。
水道敷とやらから南八甲田に進入、いったん沢に下り登り返すルート。
沢の両側の斜面からの景色は新鮮で、新雪も積もり、この辺りを滑るのも楽しそう。
(今回は登りに使っただけで滑りはしなかったが。)
振り返れば北八甲田の展望がどーんと飛び込み、ハイクアップの苦労も吹き飛ぶ。
湿原に乗り上げ、姿を現した櫛ヶ峰に向かい、期待を膨らませながら進む。
櫛ヶ峰の西側の稜線には雪庇が張り出している。斜面中央西よりを登り、雪庇の切れ目から西稜線に上がる。
上部はやはり風が強く、ところどころクラストがむき出し。シールの利きやすい場所を選んで進む。
2年振りの南八甲田最高峰は格別。同行の皆さんも、歓声やら写真撮影やらではしゃぎまくり。
上部の雪庇を避け、東稜線側に少しくだって中央斜面に飛び込む。
軽くパックされているが適度な深さのパウダーラン、この時期にしてこのコンディション。最高です。
他のメンバーも思い思いに楽しげなシュプールを刻み、皆満足そう。
斜面を眺めながら昼食をとった後は、樹氷の復活した駒ヶ峰経由で帰路につく。
お帰りルートの滑りもなかなかよろしい。さすがに下るにつれ滑りが悪くなり、雪の回廊の上の歩きも長かったが、天気もよいので気分はよい。今週もたっぷり歩いて無事帰還。
先週に続いての南八甲田ロングツアー、計5つのピークも踏めて、今週も満足のツアーでした。


kameさん編集ムービー

| | コメント (0)

2012年4月 1日 (日)

南八甲田3クラツアー:2012/04/01

酸ヶ湯ゲート開通08:00-睡蓮沼08:30-09:45猿倉岳09:55-★-10:20矢櫃橋-11:30乗鞍岳-12:00鞍部12:25-1245赤倉岳12:55-14:25蔦温泉

八甲田・十和田湖ゴールドラインの開通に合わせ、4月入ってようやく今季初となる八甲田遠征。南八甲田の3つのピークをたどる“3クラ”ツアーはお気に入りのルートです。
これまで八戸山水会のツアーに同行させてもらっていましたが、今年は2人だけでの挑戦。恒例イベントとなっている山水会の皆さんも登場。これまでお世話になった成果?を見てもらうべく頑張って先行。
出発地点の睡蓮沼では北と南の八甲田の展望が開け、久しぶりの景観に2人でご満悦。
軽いラッセルで最初のピーク、猿倉岳を目指す。上部はガスや風がやや心配だったが猿倉岳山頂につくころには雲も取れ、これは幸先がいいぞ、などと思っていれたのもここまで。いざ滑降ということで東面のオープンバーンに進入したところで雪崩を誘発。斜面のほぼ全面が崩落する大規模なものとなった。雪崩にまきこまれ数10m流されはしたものの、幸い大事にはいたらず、気をとり直して予定のルートでツアーを続行することにする。
乗鞍岳山頂は雪、視界もいまひとつ。山頂からは安全のため赤倉岳との鞍部につながる東尾根の北側の樹間を下る。東~北東面はガリガリで慎重に下るのがせいいっぱいだった。鞍部で昼食をとり赤倉岳山頂へ。
赤倉岳からの下りは重い湿雪で滑りもいまひとつだったが、美しい樹林帯のツーリングは気持ちがよい。せっせとスキーを進め、蔦温泉に無事到着。
いろいろありましたが、終わってみれば、やはり楽しい八甲田ツアー。
これからも山スキーを楽しんでいくために、安全には十分注意していきたいと思います。


Img_0001Img_0007
雪の壁が高い。スコップとスノーソーで登り口をつくってよじ登る。


Img_0008Img_0003_2Img_0005
睡蓮沼はよい天気。猿倉岳山頂部にかかる雲の流れが速い。上部は強風?
北八甲田の景観も素晴らしい。


Img_0008_2Img_0010
猿倉岳山頂。雲もとれて視界も良好。ここまでは平和だったが・・・


Img_0001_1Img_0012
猿倉岳東斜面で大規模な表層雪崩発生
[雪崩の状況:登山ガイド阿保さんのblog に掲載]


Img_0016Img_0015
乗鞍岳山頂。とにかく安全第一を心がける。


Img_0027Img_0019
赤倉岳山頂。ここまで辿りつくことができました。


Img_0028Img_0026
無事下山


| | コメント (2)

2011年3月 6日 (日)

第4回:2011/03/06

自分ら的には第2回。下界の雨にも関わらず5人結集。いやいや・・・
昨日のトラブルで今日は久し振りの単板出動。結果オーライ♪


01020304

05060708


| | コメント (3)

2011年1月10日 (月)

八甲田らっせるらっせる

2011/01/09

110109_1Img_0001110109_4


2011/01/10

Img_0006Img_0007


| | コメント (4)

2011年1月 4日 (火)

八甲田合宿3日目:2011/01/04

前夜のうちに十和田側に移動、最終日は高田大岳へ。
樹林帯は軽い雪のくるぶしラッセルで快調なペース。
1300より上はクラストにやや難儀しつつも、無事山頂着。
雪のよさそうなところを探しながら滑り降りる。上部以外はサラサラの雪。
気持ちのよいツリーランで谷地温泉まで滑り込み、3日間の八甲田合宿終了~♪


Img_0020Img_0022Img_0023Img_0025

谷地温泉・07:10-974・07:45-1300・09:00-山頂・10:00-10:22---谷地温泉・12:00

| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

八甲田合宿2日目:2011/01/03

いつもの“定宿?”で目が覚めると下界は晴。
行き先に思案したが予定通りに、メローな林間で終日まったり。
やさしい雪が気持ちよか~


Img_0017P1080576


| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

八甲田合宿1日目:2011/01/02

2011年のBCこと初めはやはり八甲田から。
初日はお約束の大岳詣で。

予想はしていたが大晦日の嵐でいつもの斜面の雪はイマイチ、滑りの方も・・・。
今日は山頂行けただけで十分。お帰りルートの雪はかなり楽しめました~。


Img_0001Img_0008Img_0011Img_0014


| | コメント (0)

より以前の記事一覧