2013年4月21日 (日)

2012-2013 Season Digest

鳥海山 12/11/11
(百宅コース,唐獅子平)

121111_01121111_02121111_03121111_04

立山 12/11/22-24
(室堂,一の腰,室堂山,雷鳥平,山崎カール,他)

121122_01121122_02121122_03121122_04

121123_03121123_04121123_05121123_06

121124_002
121124_01121124_03121124_04121124_05


八甲田 12/12/02
(酸ヶ湯,大岳,硫黄岳)

121202_01121202_03121202_05121202_15


八甲田 12/12/09
(酸ヶ湯,大岳)

121209_01121209_03


八甲田 12/12/16
(酸ヶ湯,偵察?)

121216_01121216_02121216_03


ニセコ 12/12/31-13/01/03

1301_011301_021301_031301_04


雪中泊訓練 13/01/06
(秋田県内某所)

Dsc02356


雪中泊訓練 13/01/19
(秋田県内某所)

130119_01


秋田駒ケ岳 13/03/17
(アルパこまくさ-阿弥陀小屋)

130317_01130317_02130317_03130317_04


岩木山 13/03/31
(弥生コース,大黒沢)

130331_01130331_03130331_04130331_05


鳥海山 13/04/20
(中島台レクリエーションの森-新山)

130420_01130420_02130420_03130420_04

| | コメント (8)

2012年12月 9日 (日)

今週も

Img_0001Img_0002
森林限界から上はけっこうな風。

| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

八甲田山:12/09/17

s単独。
久しぶりの八甲田は酸ヶ湯から仙人岱-大岳-井戸岳-赤倉岳-毛無岱の周回の大展望ツアー。


Img_0025Img_0032Img_0059Img_0071

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

八甲田合宿1日目:2011/01/02

2011年のBCこと初めはやはり八甲田から。
初日はお約束の大岳詣で。

予想はしていたが大晦日の嵐でいつもの斜面の雪はイマイチ、滑りの方も・・・。
今日は山頂行けただけで十分。お帰りルートの雪はかなり楽しめました~。


Img_0001Img_0008Img_0011Img_0014


| | コメント (0)

2010年1月30日 (土)

八甲田大岳:2010/01/30

 【 山 域 】 八甲田
 【 日 時 】 2010年1月30日
 【 コース 】 酸ヶ湯-仙人岱-大岳
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 装 備 】 tele&シール(S:SD/T3、じ:WS/T3)
 【 天 気 】 雪・くもり

久し振りにして今季初の八甲田。Sakkyは北八甲田のテレデビュー。
積雪期の大岳、強風・シュカブラ・ガスは必修課題♪ 一発クリアはさすが???
それにしても、登りのクラスト急登、強風は相変わらず。山頂につく頃には顔面に異変が発生。温めたら戻ったようだが、1月の大岳はあなどれませんな・・・。
東斜面はパウダーも視界悪く、下り過ぎてコースアウト・・・、余計な時間を食いました。(冷汗

08:55 酸ヶ湯駐車場
10:20 仙人岱
11:45-1220 大岳
14:10-15:00 仙人岱小屋
15:40 酸ヶ湯駐車場

01_3020304








05060708

0910

| | コメント (0)

2009年1月26日 (月)

他力本願、八甲田満喫:09/01/26(仮)

今日は我社のスペシャルデー#2、車中泊で連チャン八甲田。
今日も酸ヶ湯から仙人岱。先行者1名のトレースあり楽をさせてもらう。

仙人岱からまたまたトレースに乗り大岳アタック。こちらも楽勝のつもりが斜面にちょっと取り付いたあたりからガリガリで四苦八苦・・・。かなり消耗し山頂着。
南東斜面を滑り、これまたトレースを狙って小岳に取り付くが5分ほどで思い直し、小屋にも寄らず硫黄岳へ向かう。こちらは先行者なし。

硫黄を一本滑った後も下部の視界はまずまず。昨日たがじょの皆さんやkameさん達が酸ヶ湯から笠松経由で櫛が峰方面へ入ったらしいので、そのトレースをアテにして、上り返さずにそのまま笠松峠に向かって下る。

R103に合流したところでガス欠。行動食はとっていたが今日は補給が不十分だったか。開通前のR103は新鮮な印象も、バテバテ状態でダラダラの帰路は体力的にはけっこうシンドイ・・・。

体感的にはとてもながい一日でした。

Img_0035Img_0041Img_0056   

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

八甲田:大岳

 【 山 域 】 八甲田
 【 日 時 】 2007年12月22日
 【 コース 】 酸ヶ湯 - 仙人岱 - 大岳 - 仙人岱 - 酸ヶ湯
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 装 備 】 割板 ×2
 【 天 気 】 曇-晴れ

我が社は24日の旗日は出勤日だが、休みを取らせてもらっての3連休。初日は近場にでもと思ってはみたものの、天気予報が良さ気だったため散々悩んだ挙句、初日は八甲田へ。
いつもよりはやや出遅れて秋田を出発。酸ヶ湯駐車場には八戸のABOさんご夫妻やWe are 八甲田のsaryuさんが準備中。他、連休狙いと思われる北東北圏外のナンバーのパーティもちらほらと。
さて、今日は今まで温存(?)していたスプリットボードを初出動。さて使い勝手はいかに?
週中どっさり降ったいたようなので、ラッセル覚悟ではあったが樹林帯にはトレース、先行者もあり今日もラクチンハイク。しかもスプリットなので背中も軽い。この快適さは久し振り。途中ちょっと斜度のあるところでは意外にシールがスリップ、シールハイクになれないsakkyは微妙に苦戦。なんだかんだとスノーシューとさほど変わらない時間で仙人岱着。
今日はまだ大岳に向かったトレースがなく、大岳もガスの中。まあ、いつものことよと小休止してから大岳へ向かうべなどと二人で話をしていると、ABOさん達が小屋の方から現れ大岳へ。ラッキーとばかりに後ろを追う。(笑
軽いラッセルながら雪は軽い。ABOさん達は夏道よりも東よりの地点から斜面に取り付く。スリップを警戒しクトーをつけ我々も後を追う。いつもの直線的なハイクとはことなりジグをきる登りが久し振りでなにやら新鮮。スプリットでの登りはまずまずか。慣れないsakkyは時々崩れ落ちるようにコケたり、やや苦戦。ペースはいまひとつ。登るにつれ時折太陽もちらりちらりと顔を出し、天気は回復傾向かと期待。後ろのペースに合わせゆるゆる登る。稜線部につき山頂へ向かう途中、ABOさん達がもう降りてきた。あいかわらず早いと感心。山頂は風はややあるが先週にくらべれば穏やか。記念撮影後いつもの滑降ポイントへ移動。シール収納、分解・合体とスプリットの準備がかなり面倒。吹雪の中ではやりたくないな。視界はまずまず、上部はややパックされているが雪は柔らかく、滑りはまずまず。スプリットの機動力に期待し、いつものトラバースポイントには抜けずまっすぐ下部まで滑り込む。滑り的には今期一番の大岳滑降でした。
再びスプリットを分解、歩行モードに切り替え。シール・クトーを使わなければそれほどめんどくささは感じないか。平坦部を快適に歩き・滑り小屋に到着。昼食後硫黄ルート沿いの林間パウダーを楽しみ無事下山。
初滑りから早や1ヵ月。BCも4回目にして4度目の大岳滑降。いやはや、なかなか今シーズンはいい滑り出しですな。

Repo & Photo

0108091714    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 9日 (日)

八甲田:大岳

 【 山 域 】 八甲田
 【 日 時 】 2007年12月9日
 【 コース 】 酸ヶ湯 - 仙人岱 - 大岳 - 仙人岱 - 酸ヶ湯
 【 メンバー  】 kameさん、Sakky、じg
 【 装 備 】 テレ、シュー&単板 ×2
 【 天 気 】 雪

3週連続の八甲田。今日は朝から小雪模様、当然大岳はガスの中。地獄湯ノ沢までは昨日入山のかまけし倶楽部さんのトレースで快適。沢の雪は先週よりちょっと多いくらい、仙人岱までは楽勝、そのまま大岳へ。新しいトレースはなく軽くスノーシューがもぐるコンディション、おぉ冬山だぁなどとお気楽モードでガスの中を進む。
森林限界に抜けるまでに少々迷走、登るにつれ風が強まり、けっこう苦戦、ようやく着いた山頂も長居は無用と早々に撤収、いつもの斜面へ。視界がなく思い切り滑ることはできなかったが板を振るとオーバーヘッドのパウダー、しなーっとした滑りを楽しむ。
仙人岱小屋は後発のたがじょさん・八戸山水会のみなさんで大賑わい、暖まった小屋がうれしい。昼食後は硫黄岳ルートで林間パウダーを堪能しつつ下山。
先週先々週は好天に恵まれ、まるで残雪期のようだったが、今日は八甲田らしい冬山。積雪量こそまだまだだけど、身体と冬山感覚を取り戻すにはよいトレーニングでした~

Repo & Photo

0204091011    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

八甲田:大岳

 【 山 域 】 八甲田
 【 日 時 】 2007年12月2日
 【 コース 】 酸ヶ湯 - 仙人岱 - 大岳 - 仙人岱 - 酸ヶ湯
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 装 備 】 シュー&単板 ×2
 【 天 気 】 曇り 時々 晴 ~雪

先週と同じパターンで2週連続の八甲田~。
ここ最近雪はあまり降っておらず、夜半には雨。朝は日は差していたものの少々心配。大河原を過ぎて102号路面にも雪がではじめ、酸ヶ湯駐車場にも軽く積雪。今日は他のグループはほとんどいなそう。2人だけで出発。
先週末からと思われるトレース沿い進み、終始快調なペース。地獄沢までの樹林帯の雪はそれほど減った感じもしなかったが、夏道合流の地獄沢中部から上は大分雪が解けていて、源頭部手前では石を避けてあるくのがやっと、途中一部は夏道に入る。樹氷もすっかり落ちてしまっている。
仙人岱には日が差し込んでいたが大岳上部にはガス、風も強そう・・・だが、まあせっかくなんでと、今日も大岳へ。あいかわらずの風には悩まされながらもペースは順調、40分程で山頂着、記念写真もそこそこにいつもの滑降ポイントへ移動。
上部はガリガリ~吹き溜まりのまだら模様で視界も悪く慎重に滑る。中間部から下はガスもきれ、さらっとパウダー、スプレーをあげながら快適ラン! この時期、しかも最近のコンディションを考えると上出来でしょう。
仙人岱小屋で昼食、後から酒パワーさんが板をはかずに仙人岱まできてましたが、結局今日あったのは1人だけ、ちょっとさびしい今週の仙人岱小屋でした。
硫黄岳鞍部までいったん降りたが、大岳斜面からは快適そうなノートラックに見えた硫黄岳の斜面も上半分はガリガリしてそう、ガスがかかり雪も降り始めたので今日はパス、そのまま帰路につく。
おかえりは変形硫黄岳ルートで地獄沢を避け、そのまま酸ヶ湯駐車場まで一気に戻る。車には軽く雪が積もり始めており、このまま来週末まで降り続けばいいなと祈りつつ下山。さて来週はいかに?

Repo & Photo

040711Mvi_0422_0002   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

八甲田:大岳・硫黄岳 シーズンイン!

 【 山 域 】 八甲田
 【 日 時 】 2007年11月25日
 【 コース 】 酸ヶ湯 - 仙人岱 - 大岳 - 仙人岱 - 硫黄岳 - 酸ヶ湯
 【 メンバー  】 kameさん、Sakky、じg
 【 装 備 】 テレ、シュー&単板 ×2
 【 天 気 】 晴

八甲田事始め~。
前日のうちに八幡平から移動、いつもの道の駅で車中泊。冷え込みはほどほど、快晴で満月?と星がきれい、明日の期待が高まる。
翌朝下界は晴天、しかし八甲田には雲。酸ヶ湯駐車場で弘前のkameさんと合流、晴れんかなーなどど期待しつつ出発。“初日”は毎シーズンヘロヘロになるのがお約束も、昨日から入山のたがじょの皆さんトレースがばっちりあり今日はラクチンハイク。登るうちに大岳の雲も晴れ、足取りも軽やかに一気に仙人岱着。
全開の大岳を目の前にしたら当然行くでしょうとばかりに大岳山頂を目指す。
少々風はあるもののほぼ夏道沿いに登り1時間程で山頂着。そのまま南東斜面の滑降ポイントに移動しまずはシーズン開始の一本! バーンは少々パックされた締まった雪、さすがにパフパフとはいかなかったが、斜度のある広いオープンバーンは大岳ならではの滑り応え~、ボード的には大満足。
仙人岱小屋で昼食後、せっかくなんで硫黄岳でもう1本。先客の“We are 八甲田”の皆さんが滑ったあとだったがそれ程あれてもなく、ほどよい柔らかさでこちらも十分楽しめました。
まさに最高の滑り出しのシーズンイン。さあー、今シーズンも滑りまくるぞ~

Repo & Photo

0918252830    

| | コメント (4) | トラックバック (0)