2012年2月26日 (日)

稲倉岳:2012/02/26

稲倉岳
横岡P点07:50-10:20二つブナ10:30-11:051200---14:30横岡
曇・雪

昨日は一日中降り続いた雪で、コンディションがよくなる一方の稲倉岳。
これを逃す手はないと、2月最後の日曜日は、やはり稲倉岳へ。
天気予報は下り坂だが樹林帯で遊ぶ分には影響もないだろう。
林道のトレースは薄く新雪をかぶった程度で、それほど増えたようにも見えなかったが、七曲は増えた積雪で昨日より大分登りやすくなっていた。登るにつれ新雪の深さも増していきラッセルの足応えが滑りの期待をそそる。
新雪に覆われた静かなぶな森がいつもながら気持ちよい。とりあえず森林限界を超え1200まで登る。
山頂に行って行けないこともなさそうだったが、ちょうど風雪が強まってきたのを言い訳に今日はここまでとする。
下る途中の東側の崖からでかい雪庇が崩れていた。視界不良時には要注意。(っていつもか。)
昨日お試しで滑ったよさげな斜面を少しラインをずらしまずは1本。斜度と雪の深さともにかなり良い感じ。
シールをつけて登り返して昼食。鳥海エリア(他)でその健脚ぶりが有名なSさんが“1本目の”ハイクで上がってきた。先週もニアミスしていたようだが今季お初のご対面。今年もヨロシクお願いします。
昼食後再び森林限界上まででて、向かい風の中トラバース気味に西よりに移動、1170まで登る。
西カールから下ってきた昨日のポイントを目指して滑り込み、そのまま樹林帯を落ちていく。樹林帯の雪はサラサラの極上パウダー。それなりに斜度もあって、立派なぶなが立ち並び、ツリー間隔も広く期待通りのロケーション。
800ちょい上あたりから(2/5にピストンした)隣の尾根に移る。間の沢が口を開けているところあり。十分注意のこと。
尾根の西面から東面横断し、少し高度を下げてから支尾根を下まで滑り下りる、、、つもりがちょいと逸れてしまい急斜面をトラバースする。尾根を降りたあとはスノーブリッジを渡って、(Sさんの?)トレースのついた神社ルートに合流。あとは登りのトレースを下るだけ。
七曲は登り同様、増えた積雪のおかげで昨日よりは滑りやすい。
うっすら新雪をかぶった林道のトレースをこいで、いつもよりはちょいと早めの到着。
稲倉岳のパウダーを満喫した2月。来週からは早や3月突入、まだまだいけますかね~


Img_0010Img_0001Img_0002Img_0003_1


| | コメント (0)

2012年2月25日 (土)

稲倉岳:2012/02/25

稲倉岳
横岡P点07:50-10:05二つブナ10:20-11:45山頂---16:05横岡

今週のウィークディはあまり雪が降っておらず、天気予報をにらみながら週末の予定に思案。
で、日曜の方が荒れそう、特に沿岸部は、ということで結局稲倉へ。
上の方はともかくスタート地点の標高が低いので、出だしで雨だと嫌だなと思っていたが、目的地に近づくにつれ、いい感じで雪が降っており、まずは一安心。駐車地点につくと車が一台。今期の稲倉で先行者がいたのは初めて。そそくさと準備をして出発、トレースを追う。今日の七曲は底のガリで登りずらい。七曲の上で先行者に追いつくと、県南からのお二人で鳥海山でよくお見かけするNさんとお連れのFさん。そこからは自分が先行する。今朝から降り積もったと思われる新雪が約10cm、ラッセルも苦にならず快調なペース、今日もノーマルルートを進む。
終始雪は降り続き厚みを増す新雪@進行形、上部の樹林帯は今日もよいコンディションの仕上がり。ヨシヨシ♪
今日も視界はよくないが、とりあえず森林限界上まで進むと風はそれほど強くないようだ。積もった新雪でシールの利きもよい。山頂に向かうつもりはなかったが惰性で進むうちに引き返すきっかけがなんとなくつかめないまま馬鹿尾根に乗り上げ、結局そのまま山頂まで。今期3度目の山頂は今回も展望なし。
それでも多少視界はきくようなので、今日は西カールを下ることにする。カール手前の斜面ではガリガリのところもあったが、西カールには期待通りのPOW。ガスと新雪で斜面がみづらく滑り出しでは酔いそうになったものの少し下ると感覚もつかめてきて、イイ感じのパウダー、視界が悪いながら滑りを楽しむことができた。下るにつれ少しづつ視界もよくなり、そのまま樹林帯まで滑り込むと見事なぶなの空間が広がっており思わず感動。ココ、すごくよいです。しかも積もったばかりのサラサラのパウダーが適度な深さ。そのまま落ちていきたい気持ちもあったが、次回のお楽しみとする。
一旦800まで下り、朝会ったお二人はもう下ったようで気持ちよさげなシュプールを見ながら二つぶなまで登り返し。先週チラ見したよさげな斜面を落ちてみると期待通り。シールをつけて登り返し本日三度目の二つぶなへ。さすがにそろそろタイムリミットで下りルートの偵察をしながら帰路につく。雪はもちろんパウダーーー、今日も堪能しました。最後の七曲のガリをやり過ごし、板の走りがよい林道をたどって車に到着。出発前の不安はどこへやら、今日も満足の稲倉岳でした。

Img_0007Img_0008Img_0003Img_0010


| | コメント (0)

2012年2月19日 (日)

稲倉岳:2012/02/19

稲倉岳
横岡P点07:45-10:25二つブナ-10:351170---16:05横岡
曇・雪

スタート地点から七曲上部までは新雪が積もっているが底にはクラストした雪。
6日前の自分らのトレースがうっすら残っていて、秋田市の自宅周辺より積雪は少ないかも。。
ラッセルもそれほど苦にならず、ノーマルルートを順調に進む。今日も森林限界から上は風が強く、山頂はパス。1170mが本日の最高到達地点。樹林帯にはたっぷりのパウダー♪ ちょこちょこ様子見をしながら980付近迄ショートラン。二つブナまで登り返してツェルトを張って昼食。体を温めるためにもう少し登り2本目。平和な樹林帯から猛吹雪の950台地を抜け高度を落としていく。雪の状態は良好、気持ちのよい滑りを楽しんで600まで下る。時間が早めだったので神社ルートを登り返し。一人登っていっているようでトレースを使わせてもらう。950まで上がり本日の登りは終了、本日3本目の滑りで帰路につく。こちら側のツリーランも素晴らしい。600付近で登山靴スキーの方とスライド、軽快に神社ルートを登っていった。この時間から? 神社ルートのトレースの主も登り返しているようだ。この時期の稲倉入山者はなんというか・・・。(スタート地点迄戻ってから見覚えのある車があり納得。)
もはや早くもない時間なので我々は帰路を急ぐ。今日の七曲の斜面は底のガリがいやらしい、不用意に突っ込んでふっ飛ぶ・・・(汗。林道をストックでこいでゴール。

厳冬期(の週末)に森林限界からの上で雪/風/視界のコンディションが3拍子そろうことは少ないが、樹林帯にはおいしい斜面がテンコもり。今日も満足の稲倉岳でした~


Img_0003Img_0004Img_0007Img_0011


| | コメント (0)

2012年2月13日 (月)

稲倉岳:2012/02/13

稲倉岳
横岡除雪終了地点07:40-12:30山頂-15:25横岡
曇-晴
-

回復傾向の天気予報にかすかな期待をよせたものの、山頂部にはやはりガス。
雲の動きも速く、今日も風が強そうだ。
深くはないがしっとり目の密度を感じさせる雪。くるぶしラッセルで板を進める。
森林限界をこえると予想通りのウィンドクラスト。
1200mから上はガタガタ、シールがどうにか利く程度で歩きにくい。コース取りに気を使う。
風はそれほど強くないのが幸い。1400m付近からガスの中に入るが、地形が分かる程度の視界あり。
山頂着。少し明るくなってきたような気はするが展望はなし。残念。
東カール上部に移動し様子を確認していると、突然鳥海山が姿を現し、思わず歓声をあげる。
下を見ると東カールの大斜面が眼下に広がっている。
カールの雪はややウィンドパックされていて、さすがにサラサラのパウダーとはいかないが
滑る分には問題なし。開放感満点の大斜面滑降はいうことなし。
もったいないので当然登り返してもう1本。満足。
斜面と景色をおかずに遅めの昼食とった後は、これでもかと続く迫力ある山容を楽しみながら滑り下りる。
カール末端からは絶好のパウダー。ツリーランも最高。
Weekly 稲倉、第3弾で3度目の正直。鳥海山の大展望と東カール滑走を満喫した一日♪


16193753

40384373



| | コメント (2)

2012年2月 5日 (日)

稲倉岳:2012/02/05

横岡P点08:00-11:401200-13:30横岡
北西に伸びる尾根(ナガオトシ沢とクロ坊沢の間)をたどる変則ルート。
600付近から右へ逸れクロ坊沢を迂回するように進み目的の尾根へとりつく。
静かな樹林帯は雰囲気十分、淡々と進む。森林限界の上で通常ルートに合流。
先週よりは視界があるが風はそこそこ、今日は日和って1200地点でハイク終了。
復路のパウダーツリーランがお楽しみ。
七曲のしっとりとした深雪もいいあんばい。


Img_0011Img_0016Img_0017Img_0019

| | コメント (2)

2012年1月29日 (日)

稲倉岳:2012/01/29

稲倉岳
横岡除雪終了地点08:00-13:05山頂-15:15横岡
曇-雪、森林限界から上は吹雪/視界不良
-
先週は北だったので今週は南へ。
とはいえ稲倉岳向きとは到底思えない風雪模様の天気予報。
あるいは、数日前の本荘地区の大雪もあったので、ラッセルが深ければ
せいぜい森林限界までいけるかどうかという心配もあり、いずれにしろ
山頂アタックはちょっとむずかしいかもと思いつつも車を走らせる。
横岡地区までくると山頂は雲にかくれているが思ったより上の方まで見えている。

いつもの除雪終了地点まで車で入ることができた。
他に入山者はないようだ。そそくさと準備をしていざ出発。
ラッセルは終始足首程度で許容範囲内、軽い雪が気持ちよい。
風も今のところはそれほど強くはない。
長い行程を考慮し抑え気味のペースで進むが、前半でややシャリバテ気味、
ペースが落ちる。750m付近でエネルギー補給。
800m付近からガスがかかり雪も降り出す。案の定、風もでてきた。
森林限界を抜けると視界はほとんど利かない。
どこを歩いているかも分からない状況の中、コンパスとGPSを頼りに進み、
どうにかバカ尾根に乗り上げることができた。雪の状態に注意しながら
シールで登れるところまで慎重に進むことにする。
ところどころクラストしているものの概ね薄い新雪が積もっており、シールの利きはよい。
そのまま淡々と高度をあげなんだかんだと山頂目前。
視界も目標物もないが地形に注意しながらGPSで山頂到着を確認。
当然ながら景色は望むべくもなかったがピークに立てるとは思わなかった。
山頂部は若干風が弱いようだが長居は無用。
下りもシールをつけたまま100%GPS頼みで忠実に往路の軌跡をたどる。
新雪のおかげでシール滑りも順調だったが、とにかくはぐれないように細心の注意を払う。
樹林帯の安全圏まで戻りまずは一安心。
森林限界から下はコンディションもよく快適な滑りを楽しむ。
パウダーの七曲の急坂は初めて・・・でもないか。林道のトレースをたどり無事帰還。

Img_0015Img_0006Img_0016Img_0009_3


| | コメント (0)

2011年2月 6日 (日)

稲倉岳:2011/02/06

sakkyのテレ課題のひとつを果たすべく、稲倉岳へ。
久し振りのBCでバテバテながら、天気予報どおりの好天で景色もよく、どうにかこうにか歩みを進める。
(本荘山の会の4名が先行、トレースを使わせてもらう。感謝。)
森林限界から上は強風、登るにつれ強まる風はお約束通り。
斜面はウィンドパックされているがそれほどクラストしておらずフラットだったので、シールで登りきることができたのはありがたい。
吹きさらしの山頂部は立っているのもままならず、真っ白な鳥海山をバックに写真を撮って早々に撤収。
下りはFパラ東カールに入りそこねたが、吹き溜まりをつないでまずまずの滑り。
ブナ林に入ったところで遅めの昼食を済ませ、快適なツリーランを楽しむ。
登りではガチガチの雪にも関わらずムリめのルート取りをして時間をロスした七曲の急登も、下山時には雪が緩み順調に下り、あとは駐車地点まで一気に滑り、本日の行程も無事終了。

Img_0006Img_0008Img_0009Img_0011


| | コメント (4)

2008年3月30日 (日)

稲倉岳:2008/03/30

 【 山 域 】 鳥海山 稲倉岳
 【 日 時 】 2008年3月30日
 【 コース 】 横岡8:00 - 1000m付近10:15 - 山頂12:00 - 東カール - 横岡15:20
 【 メンバー  】 nandoさん御一行(山頂にて合流)、Sakky、じg
 【 装 備 】 テレ&アルペン、単板、テレ
 【 天 気 】 晴れ/曇り

3月も最終日曜日。今年の雪解けは早い(?)、そろそろ鳥海山が気になるこの頃。ということで、久し振りのBCは、まずは1年ぶりの稲倉岳へ~
7時半過ぎに到着した横岡の除雪終了地点はほぼ満車。この時期はやはり盛況か? ボードにするかテレにするか出発寸前まで悩むが、結局テレを選択。久し振りのBCなので荷は軽く、機動力重視。 ほどよくしまった雪はラッセルもなく、シール、スノーシューともに快調に進む。鳥海山頂も時折見えたが、稲倉山頂部はガスがかかったり晴れたり。先行者もちらほらと見える。シールに雪が張り付き少々重いが、まあどうにか行けそう。(シールワックス忘れた・・・) 1000m付近にて小休止後、淡々とハイクを続け山頂へ。先行者はnandoさん御一行、あいかわらず元気な皆さんで、ガスが晴れて鳥海山頂が姿を現す度に歓声を上げ大賑わい。徐々に後続者も到着してきて総勢13名の大パーティ。東カールを下るというお誘いにありがたく合流させてもらうことに。
全員集合したところでいよいよ滑降開始。山頂部はところどころ氷化したクラストがあり、新雪部分を選んで滑り出すがいきなり転倒の連続。なんだかんだと疲れで足がよれているのか、ザックが重いのか、意外に滑りにくい雪に往生。これが実力と素直に受け止めよう・・・。
一滑りして昼食。上空の風・ガスも落ち着いたようで鳥海山頂もクリア、絶景を肴にのどかなひととき。あ~幸せ。なにやら名残惜しいが、まだまだおいしい斜面が待っている。1200m付近から下はそこそこ滑りやすくなり、程よい間隔のツリーランが気持ちよい。久し振りの山滑りを堪能、最高です。ボードでの平坦地滑走も特に苦労することなく、順調に下り無事駐車地点到着。
せっかくの上部の好斜面に滑りの方はまだまだ修行が足りんなーという反省しきりも、全般的には大満足のツアーとなりました。nandoさん、ご同行の皆さん、ありがとう~

nandoさんのレポート 

おまけ:帰路の転倒でデジカメ紛失(涙)。せっかくの絶景写真が・・・。昨年の稲倉岳もバッテリー切れで山頂部の写真撮れず。なんかここ、カメラ運ないのかな?。
(下の写真はケータイで撮影。イイ感じの雰囲気はnandoさんレポ参照くださいませ。)

Img_0001Img_0002Img_0003   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

鳥海山:稲倉岳

 【 山 域 】 鳥海山 稲倉岳
 【 日 時 】 2007年3月19日
 【 コース 】 横岡林道-稲倉岳1100m付近
 【 メンバー  】 じg
 【 装 備 】 単板&短板
 【 天 気 】 くもり・雪

ここしばらく秋田県内では降雪が続き、さて鳥海方面はどんなもんじゃろと稲倉岳偵察に行って来ました。
県南地区は街中でも今朝も10センチちょいの積雪、横岡林道周辺も積雪は前回(2/10)より多く、足首からスネのラッセルの中ゆっくりと進む。登るほどに雪も深くなり(膝下ラッセル)、いっこうにペースが上がらないまま1100m付近でタイムアップ。(というかバテバテでギブアップ・・・)
今回は山頂まではとどかなかったが、上部ではイイ感じでスプレーのあがる林間パウダーランを楽しめました。斜度が緩んだあたりでは板の滑りが悪くややてこずったが、まあこんなものか。今週いっぱい位はパウダー、いけるかな?

Repo & Photo

01_3 17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

鳥海山:稲倉岳

 【 山 域 】 鳥海山 稲倉岳
 【 日 時 】 2007年2月10日
 【 コース 】 横岡林道-稲倉岳(往復)
 【 メンバー  】 じg
 【 装 備 】 単板
 【 天 気 】 くもり

2月3連休初日は稲倉岳行ってきました。
今日は偵察、のつもりがガスってた山頂部も徐々に晴れ、勢いでそのまま山頂制覇!
鳥海山頂も姿を現し感動~
<>

Repo & Photo

23_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)