2013年4月21日 (日)

2012-2013 Season Digest

鳥海山 12/11/11
(百宅コース,唐獅子平)

121111_01121111_02121111_03121111_04

立山 12/11/22-24
(室堂,一の腰,室堂山,雷鳥平,山崎カール,他)

121122_01121122_02121122_03121122_04

121123_03121123_04121123_05121123_06

121124_002
121124_01121124_03121124_04121124_05


八甲田 12/12/02
(酸ヶ湯,大岳,硫黄岳)

121202_01121202_03121202_05121202_15


八甲田 12/12/09
(酸ヶ湯,大岳)

121209_01121209_03


八甲田 12/12/16
(酸ヶ湯,偵察?)

121216_01121216_02121216_03


ニセコ 12/12/31-13/01/03

1301_011301_021301_031301_04


雪中泊訓練 13/01/06
(秋田県内某所)

Dsc02356


雪中泊訓練 13/01/19
(秋田県内某所)

130119_01


秋田駒ケ岳 13/03/17
(アルパこまくさ-阿弥陀小屋)

130317_01130317_02130317_03130317_04


岩木山 13/03/31
(弥生コース,大黒沢)

130331_01130331_03130331_04130331_05


鳥海山 13/04/20
(中島台レクリエーションの森-新山)

130420_01130420_02130420_03130420_04

| | コメント (8)

2012年10月 8日 (月)

鳥海山:2012/10/08

大清水06:30-07:50唐獅子平07:55-08:54七高山09:20-
09:35新山09:45-10:00大物忌神社10:15-11:20御浜11:25-
12:05千畳ヶ原-(昼食20m)-13:10河原宿13:20-
14:25外輪湯の台登山道上14:35-15:05外輪百宅登山道上15:25-
17:55大清水

3週間ぶりに百宅口から鳥海山へ。
例年ならそろそろ雪の便りがあってもおかしくない季節。
鳥海山もすっかり色づいていました。

前回までは暑さ対策でヘッドライトの明かりを頼りに
未明の出発だったけど、さすがに猛暑もおさまって、
今回は夜が明けてからの出発。
スタート時点で気温4℃。所により霜がおりていたり、霜柱が
たっていたりはしていたが、今日は秋晴れの心地よい天候。
出だしこそ肌寒さを感じたものの、風もなく、日差しのもと
動いていると汗ばむ陽気。
雪の季節を前にして、絶好の山歩き日和。
すっかり通いなれた七高山までの登りが快調なペースだった
ことにも気をよくし、せっかくのチャンスを逃す手はないと、
鳥海山丸ごと満喫の欲張りロングコース。
変化に富んだ秋真っ盛りの景観は見応え十分、モチロン歩き
応えも十二分。
帰路は東側にのびる日暮れの影鳥海を楽しみながらの下り。
結局最後はヘッ電下山となってしまったのはご愛嬌・・・。

sコメント;
成せば成る!?
最高のお天気と景色、そして時間が止まったような空気感。
夜は来ないと思えた1日。


Img_0002_1Img_0054_1Img_0071_1Img_0084

20121008112155
20121008120537
20121008131219
20121008133253

| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

鳥海山:12/09/17

大清水02:00-05:15七高山
5/13から続いた週一七高参りも先週で途切れたが、結局今週も鳥海山。
数えてみると2012年の鳥海山山頂(七高山or新山)踏破は32日目。我ながらよくやるね。
とはいえ夜間山行で足元が見えないのと体調不十分?でヘロヘロ。ナゼか登る度にペースが落ちていくなぁ・・・。
それでも月ない満天に輝く星空、暁の空と御来光、そして影鳥海と、鳥海スペシャルを堪能。
下界は9月とは思えない猛暑でも、ほのかに色づきつつあるお山には秋の気配がそこかしこに。

201209170523182012091705310320120917054230
20120917090636

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

鳥海山:2012/09/02

大清水04:30-07:10(07:20)虫穴岩-07:22七高山-新山
9月だというのに、あいかわらずの猛暑。
それでもゆっくりと、山の装いは季節の移り変わりを感じさせます。

Img_0020Img_0025Img_0028
Img_0036Img_0039

| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

鳥海山:2012/08/26

大清水04:30-07:01七高山-新山

Img_0011Img_0027Img_0029

今週は百宅から。いつもとちょっと違う鳥海山。唐獅子小屋までの道は久しぶり。やっぱり屏風岩は圧巻。
ここから上は、2ヶ月前に滑った斜面を思い出しながら。
新山から行者岳に抜ける道は崩壊のため通行止めになっていました。
(by s)

| | コメント (0)

2012年6月 2日 (土)

鳥海山:2012/06/02

2012年も早や6月。

今週もSさんと3人、革靴にBCXC。
スタートがいっしょだとSさんについて行けないんですが・・・。
七高までの登りは暑さで消耗。
山頂でしばしマッタリしてから、お約束の1本。
天気もよいので、お獅子といっしょに昼食。
登り返しでまたまた大汗をかく。
途中Sさん提供スイーツ休憩をはさみ快適ザラメの滑りを楽しむ。
あいかわらずのよい雪。先週よりもよい?
明日もあるし、とホドホドで切り上げ帰路につく。

さすがにこの時期ともなれば七ツ釜から下は苦行。
どうにかやり過ごしながら祓川に帰還。

01020304
05a060708

| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

鳥海山:2012/05/27

今日もBCXCでいつものルーチン。
まずは東面を1本。唐獅子小屋は泊まり部隊で大賑わい。
Sさんも追いつき、ここから今日も合流する。

昼飯には少し早いので登り返す。外輪でまったり食事、昼寝。
大清水泊の本荘山の会の4名も登ってこられた。大先輩の皆々様だがタフだ・・・。
たっぷり休んで、後半戦開始。貸切斜面を3人で2本づつ。今日もいい雪です。
そのままおとなしく帰るつもりがだったが、途中でfojiさん・kururinさんを発見、久しぶりでもあり、せっかくなので合流させてもらう。
5人全員がウロコ板、なんとなく登り返しが始まるのは性(サガ)ですかねぇ。(笑
チョコチョコ寄り道しながら、素晴らしい1日の余韻にひたるように、お互いの滑りを鑑賞しあう。
今日も1日たっぷりと満喫した鳥海山。人数が多いとヤッパ楽しいですね。
ご一緒させていただいた Sさん・fojiさん・kururinさん、どうもありがとうございました。

Img_0001Img_0002Img_0003Img_0004


| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

鳥海山:2012/05/26

今週も好天の予報、上の方はまだ雪もよいだろうとの期待で今週もBCXCで出動。
祓川からいつものルーチン。
1本滑り昼食をとっていると、今季よくお会いする快速Sさんが今日は革靴で登場、後半戦合流。
先週に負けず劣らずのよいコンディション、今日も快適な滑りを満喫~♪

01020304
05060708

Sさん撮影動画

| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

鳥海山:2012/05/20

天気、雪ともに絶好のコンディション間違いなし、今日はBCXC滑りのコソ練に励むべし。
早めの出発で東斜面1stドロップをいただいた後は人気のないよさげな貸切斜面を2本。
荒れる前なら今日はどこでもよいとは思うが、滑った斜面も最高。雪がよいので滑り
もかなり好調@あくまで当社比。合計3時間半の登り返しはトレーニングと割り切る。
(2本目の登り返しは直登できない急斜面でかなり消耗したが、練習・・・だしw)
山頂の賑わいも過ぎた頃に七高山に舞い戻り、またひとつ増えた標柱の記念撮影。
荒れ放題のメインルートを避けて、最後の1本も滑りを堪能し無事帰還。

予想通り大勢の人出となった日曜日、かまけし倶楽部のいがらしさん(先週もニアミス?)やまほろば倶楽部御一行ともバッタリ遭遇、皆さんそれぞれに楽しまれた模様。
鳥海山のザラメコンディションは正に旬、雨に泣かされたGW後半のツケを一気に取り戻すことができました。満足満足。


01_202_203_204_2

05_206_207_208_2

Img_0001_2091011_2

12131415

161718

| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

鳥海山:2012/05/19

天気予報は曇、期待せずに家を出る。
車から見た鳥海山はというと、山頂部に雲がかかっているが舎利坂より下はクリア、これはひょっとして・・・?
さてさて、どんなもんだべ?、期待半分にいざ出発。上部はアウターが欲しくなるくらいの風がでていたが、雪は柔らかく先週に比べるとまったく問題なし。山頂に着くころには雲もとれる。山頂付近にはエビの尻尾が残っているところや白い新雪に覆われた部分もあり、今週も平日に雪が降ったようだ。
縦溝が消えたフラットな斜面はザラメのよいコンディション。
雪の量も自分的には十分。ブッシュがでてきているものの中間部から下の雪のつながりもそれなり。まだまだルートの選択肢が多いのがうれしい。
うーん、晴天予報の明日はかなり良さそう♪

01020304
05060708
11


| | コメント (0)