2012年10月14日 (日)

鳥海山:2012/10/14

祓川10:40-12:52七高山13:25-15:30祓川

朝起きてライブカメラを見ると鳥海山は全開、そして山頂部から
広い範囲に白い雪!
時期的にはそろそろ、下界でも一昨日~昨日の雷雨、ひょっと
したらとは思っていたが、一気にこれだけ積もっているとは予想外。
(帰宅して新聞を見ると初冠雪の記事が載ってましたね・・・)
ちょいと一仕事してからゆっくりめに秋田市出発。
雪の状況が分からないのでアイゼンとスノーシューを装備。
七ツ釜付近から雪が目立ち始め、氷の薬師からは雪を踏んで
の歩き。下山してきた人に話を聞くと朝のうちはやや硬かった
という雪もほどよくゆるみ、ツボ足でも問題ない。雪を踏みしめる
感触がなんともうれしい。山頂部ではガスも晴れ、風も比較的
おだやかで久しぶりの雪景色は新鮮。
しばし山頂部でまったり過ごして、帰路も雪の感触を十分楽しみ
ながら快調にくだる。御田から山麓部の紅葉も見頃。
振り返れば雪化粧の鳥海山が見送ってくれていた。

ウィンターシーズンも間近、日ごと高まる初滑りの期待。
早く積もらないかなぁ。

Img_0030
Img_0038
Img_0052
Img_0054
Img_0068

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

鳥海山:2012/10/08

大清水06:30-07:50唐獅子平07:55-08:54七高山09:20-
09:35新山09:45-10:00大物忌神社10:15-11:20御浜11:25-
12:05千畳ヶ原-(昼食20m)-13:10河原宿13:20-
14:25外輪湯の台登山道上14:35-15:05外輪百宅登山道上15:25-
17:55大清水

3週間ぶりに百宅口から鳥海山へ。
例年ならそろそろ雪の便りがあってもおかしくない季節。
鳥海山もすっかり色づいていました。

前回までは暑さ対策でヘッドライトの明かりを頼りに
未明の出発だったけど、さすがに猛暑もおさまって、
今回は夜が明けてからの出発。
スタート時点で気温4℃。所により霜がおりていたり、霜柱が
たっていたりはしていたが、今日は秋晴れの心地よい天候。
出だしこそ肌寒さを感じたものの、風もなく、日差しのもと
動いていると汗ばむ陽気。
雪の季節を前にして、絶好の山歩き日和。
すっかり通いなれた七高山までの登りが快調なペースだった
ことにも気をよくし、せっかくのチャンスを逃す手はないと、
鳥海山丸ごと満喫の欲張りロングコース。
変化に富んだ秋真っ盛りの景観は見応え十分、モチロン歩き
応えも十二分。
帰路は東側にのびる日暮れの影鳥海を楽しみながらの下り。
結局最後はヘッ電下山となってしまったのはご愛嬌・・・。

sコメント;
成せば成る!?
最高のお天気と景色、そして時間が止まったような空気感。
夜は来ないと思えた1日。


Img_0002_1Img_0054_1Img_0071_1Img_0084

20121008112155
20121008120537
20121008131219
20121008133253

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

三ツ石山:2012/10/07

滝ノ上温泉登山口06:16-07:42三ツ石山荘-08:12三ツ石山-08:55小モッコ岳09:25-10:08三ツ石山10:28-12:10登山口

s単独。
三ツ石山の紅葉が見たくて滝ノ上温泉から。
山荘に着くと上はガス、網張リスト組より先にと思ったけれど、早かったかな?
三ツ石山頂手前からガスの晴れ間にびっくりするくらいの赤。
お日様待ち時間稼ぎに小モッコへ。
30分くらい小モッコ独り占めだったけれど状況は変わらず、大深岳方面も見えず、三ツ石山に引き返す。
もっと時間が経って、もし、お日様が出れば大感動確実だったけれど、紅葉のすばらしさは間違いなく、満足。
Img_0016
Img_0019
Img_0056
Img_0064


| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

鳥海山:12/09/23

祓川05:30-07:34七高山07:42-08:45心字雪渓下部10:50-12:11七高山12:15-1415祓川

スキーを担いで山越え、河原宿上の雪渓偵察に。
ゆきむしAgainの予告編を見て(フツーの雪を)滑りたいモードがムラムラと。
スプーンカットはもういいな、とか思っていたがまほろば情報では心字雪渓が良い感じ。
狭い雪渓でカチ合ってもお邪魔かと思いつつも、コチラは日曜しか動けないので早い時間帯の行動で。
天気予報は微妙、雪の緩みは期待できなそうだが、歩荷訓練と終盤の雪渓状況偵察がメインと自分に言い聞かせる。一応雪の上に立っての滑り納めはおまけ的に。
湯の台側まで回るガス代節約もあって秋田市から“最短ルート”を選択。
先週のへばりと下りでの膝の痛みで少々自身喪失気味だったのでペースは控えめにしたつもりだが、曇天で涼しくまずまずのペース。出発時点は晴れていた山頂付近も途中からガス、けっこう風もあり外輪部は寒いくらい。
七高山に到着し一瞬そのまま引き返そうかとも思ったが、滑りが目的ではないので予定通り進むことにする。
ほぼ想定通りの時間で雪渓着。案の定雪は硬いが、軽くならして快適とはいえない滑りを数本。
天候悪化が早まりそうなのでほどほどにして切り上げ帰路につく。
外輪部のガスと風はあいかわらず。大雪路から雨粒が落ちてきたが本降りにはならず無事祓川帰還。
あと2ヶ月で来シーズンも開幕。待ち遠しいですね・・・。

201209230531032012092310421120120923142213
20120923073634

| | コメント (4)

2012年9月17日 (月)

鳥海山:12/09/17

大清水02:00-05:15七高山
5/13から続いた週一七高参りも先週で途切れたが、結局今週も鳥海山。
数えてみると2012年の鳥海山山頂(七高山or新山)踏破は32日目。我ながらよくやるね。
とはいえ夜間山行で足元が見えないのと体調不十分?でヘロヘロ。ナゼか登る度にペースが落ちていくなぁ・・・。
それでも月ない満天に輝く星空、暁の空と御来光、そして影鳥海と、鳥海スペシャルを堪能。
下界は9月とは思えない猛暑でも、ほのかに色づきつつあるお山には秋の気配がそこかしこに。

201209170523182012091705310320120917054230
20120917090636

| | コメント (0)

八甲田山:12/09/17

s単独。
久しぶりの八甲田は酸ヶ湯から仙人岱-大岳-井戸岳-赤倉岳-毛無岱の周回の大展望ツアー。


Img_0025Img_0032Img_0059Img_0071

| | コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

岩手山:12/09/09

s単独。
あいにくの天気の中、柳沢コースから山頂踏破、お鉢一周。

Img_0014Img_0016Img_0020Img_0021


| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

鳥海山:2012/09/02

大清水04:30-07:10(07:20)虫穴岩-07:22七高山-新山
9月だというのに、あいかわらずの猛暑。
それでもゆっくりと、山の装いは季節の移り変わりを感じさせます。

Img_0020Img_0025Img_0028
Img_0036Img_0039

| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

鳥海山:2012/08/26

大清水04:30-07:01七高山-新山

Img_0011Img_0027Img_0029

今週は百宅から。いつもとちょっと違う鳥海山。唐獅子小屋までの道は久しぶり。やっぱり屏風岩は圧巻。
ここから上は、2ヶ月前に滑った斜面を思い出しながら。
新山から行者岳に抜ける道は崩壊のため通行止めになっていました。
(by s)

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

鳥海山:2012/08/19

暑さ対策での早朝発はすっかり恒例。
祓川04:30-06:06(s:06:28)七高山-康新道-祓川
 七高山から別行動。sのみ新山へ。

Img_0001_2Img_0002Img_0021

祓川04:30-06:28七高山-新山-行者岳-七高山08:40-康新道-11:15祓川

朝日を浴びながら鳥海山トレーニング。七高山までは一気に登ったものの、その後は休み休み山頂付近をうろうろ。最近は中島台や稲倉岳、鳥海湖も見える新山山頂ピークの隣のピークがお気に入り。
帰りは緑がすごくきれいに見えた康新道から。春に滑った北面が間近に見えて感動。ふち歩きの終わり頃にガスが出てきて・・・
木の枝をかき分けたり、分岐まではとても長く感じて体力消耗…。今年初の木苺を食べて元気復活して、でもゆっくり下山。
(by s)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧