2013年4月21日 (日)

2012-2013 Season Digest

鳥海山 12/11/11
(百宅コース,唐獅子平)

121111_01121111_02121111_03121111_04

立山 12/11/22-24
(室堂,一の腰,室堂山,雷鳥平,山崎カール,他)

121122_01121122_02121122_03121122_04

121123_03121123_04121123_05121123_06

121124_002
121124_01121124_03121124_04121124_05


八甲田 12/12/02
(酸ヶ湯,大岳,硫黄岳)

121202_01121202_03121202_05121202_15


八甲田 12/12/09
(酸ヶ湯,大岳)

121209_01121209_03


八甲田 12/12/16
(酸ヶ湯,偵察?)

121216_01121216_02121216_03


ニセコ 12/12/31-13/01/03

1301_011301_021301_031301_04


雪中泊訓練 13/01/06
(秋田県内某所)

Dsc02356


雪中泊訓練 13/01/19
(秋田県内某所)

130119_01


秋田駒ケ岳 13/03/17
(アルパこまくさ-阿弥陀小屋)

130317_01130317_02130317_03130317_04


岩木山 13/03/31
(弥生コース,大黒沢)

130331_01130331_03130331_04130331_05


鳥海山 13/04/20
(中島台レクリエーションの森-新山)

130420_01130420_02130420_03130420_04

| | コメント (8)

2012年8月14日 (火)

岩木山:2012/08/14

s単独。
百沢スキー場06:11-姥石06:50-焼止ヒュッテ07:26-錫状清水08:06-鳳鳴ヒュッテ08:26-0840山頂09:17-11:30登山口

Img_0043

4月に強風とガリガリ急斜面が怖くて私ひとり山頂に行けなかった岩木山。(弥生コース・テレマーク)
ルートは違うけど、下から山頂に挑戦。百沢スキー場駐車場から上はガスの中、山はどこ?
登山者らしい車も止まっていない感じ(?) よく分からないけど姥石までは休まず行こうと決めて出発。焼止ヒュッテまでは適度に高度を稼いでいけて歩きやすい。この後ずっと前から気になっていた坊主コロバシ。続く小さい滝を横に見ながら岩をよじ登っていくうちに視界が開けて、どんどん青空に。錫状清水まで来ると、ちょっと安心感。あとは一気に山頂へ。
なんとか、リフト営業時間前には到着。岩陰に隠れてしばらく景色を見ながらしばらくぼーっとしていると急に騒がしくなり、様子を見ると、たくさんの人! 急いで下山開始。
下るにつれて木が高くなって強い日差しを遮る。時々風が強く吹いて、木漏れ日があまりにも綺麗で何度も足が止まる。
スキー場に着いて振り返ると山が全開。本当に綺麗。
帰りは嶽きみ食べて、お土産用にも購入。温泉は岩木山近辺は夏休みと嶽きみで人と車がたくさんでゆっくりできなそうなので、行ってみたかった大鰐温泉の鰐comeへ。ここいいかも。

| | コメント (0)

2012年4月22日 (日)

岩木山:2014/04/22

弘前のkameさんツアーで岩木山。
岩木山スカイライン開通が25日に延期とのことで、弥生登山口から。

天気予報通りの曇空、穏やかな樹林帯から一転し、森林限界の上は強風。
グングン登るkameさんに引っ張られ、強風にあおられながら、はからずも山頂踏破。
テラスで合流の2人を加え、総勢5人でメインディッシュの大黒沢大斜面滑降を楽しむ。
2年ぶりの岩木山、やっぱココもイイですね~


Img_0001Img_0011Img_0015Img_0027

Img_0029

Img_0035

Img_0037

Img_0041


| | コメント (0)

2008年4月20日 (日)

岩木山:08/04/20

 【 山 域 】 岩木山
 【 日 時 】 2008年4月20日
 【 コース 】 嶽温泉 -(バス) - 八合目 - 山頂 - 大黒沢 - 双子岩 - 鯵ヶ沢スキー場
 【 メンバー  】 kameさん、Q太郎さん、タカさん親子、mizuさん、masaさん、saryuさん、hideさん、satoruさん、Sakky、じg
 【 装 備 】 テレ、単板
 【 天 気 】 晴

3週連続の快晴の日曜日。自分ら的にはそろそろ今シーズン八甲田・青森ステージ終盤。kameさん・Q太郎さんのお誘いで岩木山ツアー、残雪期はお初です。
鯵ヶ沢スキー場集合で車をデポし嶽温泉へ移動。嶽温泉には既にバス待ちのスキーヤー・ボーダー・登山客が待機。満員の1便に乗り込み8合目へ移動。昨日よりは風が弱いらしいがリフトはまだ動かないということで、ここからハイクアップ開始。帰りのルート下見をしながら登山道を経由し山頂へ。風がけっこう強いが景色は最高。
まずは山頂からの1本。山頂直下は斜度のある広いオープンバーン。ザラメの雪は滑りやすく、次々に歓声を上げ斜面に飛び込み、思い思いのシュプールを描く。夏場に上から見下ろしたときは、「こんなとこ滑れんの?」とか思ってましたが、いやいや、最高の斜面です。気持ちイイ~
トラバースをして回り込み、亀裂の入った後長根沢を偵察。いつ雪崩れてもおかしくなさそうな大きな亀裂。コワイです・・・。やや上り返して本日のメインディッシュ、お目当ての大黒沢上部へ。まずは行くでしょうと先陣を切って突っ込む。ほどほどで止めて登り返すつもりが、ノーブレーキ・深ザラメの大斜面、もったいなくて止まれませーん。快感に酔いしれながら、結局斜度の緩むボトムまで降りきっちゃいました。いやーホント最高です。さて、気合を入れて登り返し。食事を終えた面々が、これまた気持ちよさそうに滑り降りてくる。ウン、みんなイイ滑りだ。
お楽しみのあとは、往路途中までの登り返し。途中大きく山腹を回り込む大トラバース。スノーシュー組には少々つらい。そして下りのヤブ漕ぎに往生しながらお帰りルートの長平コース上部に復帰。西法寺森の軽い登り返しを経て後は下るのみ。それぞれに快適な滑りを楽しみながら高度を下げる。ゴンドラ山頂駅上から鯵ヶ沢スキー場のゲレンデへ。そういえばここのスキー場も初めて。最後の滑りを楽しみながらゲレンデ下まで滑り込んで終了。
ロケーション、天候、雪、そしてメンバーと最高づくしの岩木山初滑り。やっぱり大人数でのBCツアーは楽しいね。同行の皆さん、どうもありがとうございました~

Repo & Photo

kameさんのHP :詳細レポ&ムービーはこちらから~

182327   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

岩木山:スカイライン-リフト-山頂

 【 山 域 】 岩木山
 【 日 時 】 2006年8月16日
 【 コース 】 岩木スカイライン8合目駐車場-(リフト)-リフト終点-岩木山山頂 ~(往復)
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 装 備 】
 【 天 気 】 晴れ

06年お盆休みツアーも最終日。
今日は観光&岩木山偵察、話のタネに登山リフトにでも乗って見るかと、8時のゲート開きに合わせ津軽岩木スカイラインを登り8合目駐車場へ。
ところがどっこい、目の前には山頂。まわりには老若男女、山頂を目指すらしい多くの人が。
こうなったら登らずばなるまいと、勢いで山頂まで行ってきました。
有料道路&登山リフトで予想外にお手軽に山頂到達。絶好の好天の中、初の岩木山の最高の展望を堪能です。

Repo & Photo

32_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)