2012年7月 7日 (土)

馬場目岳-赤倉岳(太平山):2012/07/07

スキーなし登山スタート(J)。
Sは3週連続の太平山エリア。

夏季の低山ハイクは暑さとの戦い、案の定15分も持たずに大きくスローダウン。
好きな山域ではあるので、豊かな森林に身を任せ、まったりと進む。
ま、今年もボチボチと行きますかね・・・。

旭又11:57-[12:50お昼ご飯13:05]-13:15(13:19)赤倉分岐(13:28)-13:40馬場目岳14:35-16:10赤倉岳16:25-17:20旭又

Img_0001Img_0009Img_0015


| | コメント (0)

2012年7月 1日 (日)

太平山:2012/07/01

先週に続き太平山へ、今日は初の周回コース。
山頂付近には先週は咲いていなかったニッコウキスゲ。
岩木山くっきり、鳥海山山頂は雲の中・・・。
登山口と山頂以外誰にも会いませんでした。
いつもたよりのストックを忘れてしまい心配でしたが
下りは落ち葉ふかふかフラット道(かなり急だったけど)
でしたので大丈夫でした!


Img_0001Img_0016Img_0031Img_0040

***
下山してから県展見に行きました!
イクちゃんの力作、力強い祓川、鳥海山でした!

| | コメント (0)

2012年6月23日 (土)

太平山:2012/06/23

S単独。新調した登山靴の慣らしで太平山は今年初。
出発時は曇、御手洗に着く前から予想外に小雨が降りだすがそのまま進む。本日一番乗りで山頂着(by 山頂小屋の人)。無料休憩小屋でしばし休憩、エネルギー補給。雨がやむ気配はなく、帰路につく。途中雨足が強くなることもあったが無事下山。


旭又07:55-御手洗08:50-09:29奥岳09:50-11:15旭又

01020304
05060708
0910

| | コメント (0)

2009年7月 7日 (火)

七夕記念山行:09/07/07

 【 山 域 】 太平山
 【 日 時 】 2009年7月7日
 【 コース 】 旭又口-奥岳 往復
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 天 気 】 晴

約2ヶ月振りの山行は秋田市民にとっては地元の里山である太平山。山頂の三吉神奥宮にお参りにいってきました。
標高1170mながら、なんだかんだとあなどれない太平山、このところの運動不足と寝不足、そしてなんといっても暑さが心配だったものの、概ね快調なペース。雪山もイイけど、緑あふれる夏山も気持ちがイイ!

3年ちょっといた職場から新しい職場に6月から異動となり、以降しばらくお仕事モード・・・。ま、09シーズンは後半かなり満足できたので、比較的すんなり気持ちの切り替えができたのかも。
ぼちぼち鈍った身体を動かしてゆかねば・・・。

P1030729P1030730_2

P1030733_2P1030734_3P1030736_2   

P1030744

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

太平山:丸舞林道-奥岳

 【 山 域 】 太平山
 【 日 時 】 2006年11月3日
 【 コース 】 ユフォーレ-丸舞林道-登山口-奥岳(往復)
 【 メンバー  】 D、Sakky、じg
 【 装 備 】
 【 天 気 】 晴れ

06年も11月に入りました。
標高の高い山は寒かろうと今日は近場の太平山へ。山頂まで最短の旭又も入れるようになったとの噂もあったが、紅葉が素晴らしいという岩見三内の丸舞コースに初挑戦。
行程の半分位が、北ノ又沢を縫うように進む登りの少ない平行移動。そこから先は奥深い森を“ゆるゆる”進むコースで太平山の他のコースと比べこれといった難所もなし。
行程が長いがお気楽コースと思いきやじg1人絶不調。カゼ気味・靴擦れ・膝痛と、シーズン始めじゃあるまいし。
挙句は登山口の下調べが不十分で、おかしいと思いながらも3キロ弱の林道歩きがこたえました・・・。
反省~、初めてのコースへの入山は事前にしっかり情報収集すべし。

Repo & Photo

34_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 2日 (土)

太平山:オーパス-中岳-奥岳

 【 山 域 】 太平山
 【 日 時 】 2006年9月2日
 【 コース 】 オーパスリフト終点-中岳-奥岳(往復)
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 装 備 】
 【 天 気 】 晴れ、くもり

今日は太平山。

Repo & Photo

49_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

太平山:金山滝-中岳

 【 山 域 】 太平山
 【 日 時 】 2006年7月23日
 【 コース 】 金山滝登山口100m-前岳女人堂-中岳952m 往復
 【 メンバー  】 単独
 【 装 備 】
 【 天 気 】 晴れ、微風

鳥海山での滑り納めから1ヶ月。06年夏山ハイクは、秋田市民の里山、太平山からのスタートです。
メインルートは旭又~奥岳ですが、登山口までの林道が冬場の豪雪の影響で通行止めだとか。
今回は金山滝~中岳ルートで入山。登山口までのアプローチ容易ながら奥深い森は雰囲気十分。駒ケ岳や鳥海山のようなメジャーな登山コースのように整備されていないのも、またよろし。
途中で一緒になったお姐さま達3名に奥岳まで同行のお誘い(熊よけの用心棒か?)を受けたが、次回のお楽しみとして今日のところは丁重に辞退。
久し振りの山歩き、暑さと急坂の下りが少々こたえましたが、標高1000m以下の低山ハイクもそれなりに楽しめました。

Repo & Photo

49

| | コメント (0) | トラックバック (0)