2012年2月12日 (日)

田代岳:2012/02/12

田代岳(大広手から周回)
P点09:55-12:25山頂13:00-13:45P点

荒れそうな天気予報の中、田代岳へ向かう。
(案の定、阿仁ゴンドラは朝一便運休、八甲田も大荒れ。稲倉?、森林限界上はありえない・・・)

今日も静かな樹林帯のスノーハイクがよい雰囲気。
湿原やドームでも前回よりは視界がきき、風もそれほど強くない。
白髭大神の留守にお邪魔して昼食。
距離は短いがドームのパウダーランが気持ちよかった。
斜度のないところでは下りラッセル寸前ながら、帰路のツリーランを楽しむ。
ラストはやや下に下り過ぎて車道を歩いて戻ったのはご愛嬌。


Img_0008Img_0010Img_0012Img_0013

| | コメント (0)

2012年1月22日 (日)

田代岳:2012/01/22

田代岳(大広手から周回)
P点09:50-11:40山頂12:30-13:15P点
秋田市も雨模様で出発直前まで行き先に思案。結局北を目指す。
7号線付近までは雨がぱらつくあいにくの天候だったが、進むにつれ
路面には雪が積もり、出発地点では5~10cm弱の積雪。気温0℃。
数日前と思われるトレースがうっすら残っているが、今日の入山者は他になく貸切。
今週はまとまった降雪なく当日の雨模様で全然期待していなかったものの、
予想外のよいコンディションに気分も上々。
柔らかい雪の軽いラッセル、静かなぶな森のスノーハイクが思いのほか楽しい。
尾根上部からややガスがかかり、湿原はホワイトアウト。風もそれなりに。
かすかに見えかくれするツリーを頼りにドームを登り、ほどなく山頂着。
昼食のため、いつものように神社にお邪魔させてもらう。入り口はすんなり開いた。
ゆっくりと昼食を楽しんだあとは視界不良のパックされた雪のドームを慎重に下り、
軽い登りの湿原をヒイヒイいいながら横断。
尾根上部からはお楽しみのパウダーツリーラン。
深くはないが、クラストや硬いガリの底付感もなく、滑りを楽しむには十分な新雪。

Img_0022Img_0019Img_0009_2Img_0007


| | コメント (0)

2010年2月13日 (土)

田代岳:2010/02/13

八甲田でお世話になっている八戸山水会のABOさんご一行に合流、青森・大鰐・八戸・秋田の8人(スノーシュー1、ATスキー4、テレ3)で今季初の田代岳/森吉山に行ってきました。

初日は田代岳。
取り付きを間違い、周回予定はメイン滑走のS尾根ピストンに変更。
S尾根の登りの状況をチェック、良好なコンディションの中予定通りの滑走ルートを取れたので結果オーライ。
サラサラの軽いパウダースノーはラッセルも苦にならず(後ろばかり歩いてたから?)、滑りも快適。
テレ2シーズン目のSakky、そういえばテレ初BCも田代岳。あれから1年、このコースをテレマークターンでしっかり滑ってこれるようになりました。成長したね~。
ちんたら撮影しながら滑る我々に比べ、他の皆さんはドンドン下っていきます。スノーシューも速い!
既に宴会モード???(まだ昼の1時前・・・)

Img_0003_2Img_0008Img_0008_2Img_0009

Img_0005Img_0001_2Img_0002Img_0003


星降る夜は、本日の山行の余韻を肴に楽しい宴となりました。


Img_0015Img_0016


| | コメント (1)

田代岳動画:2010/02/13

まずは動画~

| | コメント (4)

2009年1月24日 (土)

ガリガリ田代岳:09/01/24(仮)

f-kojiさんの田代岳ツアーに参加。
まともなBCとしては今期初。Sakkyのテレ修行もいよいよBCステージに突入。まあ、まともには滑れんでしょう・・・。

Img_0010Img_0014Img_0031   

| | コメント (0)

2008年1月12日 (土)

田代岳:2008年1月12日

 【 山 域 】 田代岳
 【 日 時 】 2008年1月12日
 【 コース 】 大広手口 - 山頂
 【 メンバー  】 nandoさん他7名、Sakky、じg
 【 装 備 】 テレ、単板
 【 天 気 】 曇/小雪

旺盛な活動をされている秋田市在住のnandoさん一行の田代岳ツアーに参加。<br>
田代岳は昨年の9月に偵察はしているものの冬場は初。勝手が分からないので4年振りのテレマークでのBCツアー出動。ブッシュや平坦地の不安はあるがsakkyはとりあえずいつものスノーシュー&ボードでトライ。テレ×9プラスボードで総勢10名の混成大パーティとなった。
やはり雪はまだ少なく、特に下部の方はブッシュがうるさい。途中から大広手口-荒沢口ルート合流からの夏道沿いにルートとる。ちょっと遠回りとなるそうだが、先行者1名のトレースをありがたく使わせてもらいながらゆるゆる進む。
もっと雪が欲しいところだが、雪は軽く、美しいブナ森は気持ちがよろしい。湿原部・山頂ドームにでても視界は良好、風もそれほどなくコンディション的には十分。山頂神社にて昼食。ブッシュを避けての滑りコースに多少気を使うが、緩斜面での板の走りもまずまずで、雪も軽くメローな斜面をゆるりと下る。ボードもそれ程苦戦することなく快調。下りで入った夏道下部の沢周辺に注意しながら無事帰還。
美しいぶな森の中、ゆったりした独特の時間が流れているような味わいのあるルート。こういうのもいいっすな~

Repo & Photo

080713   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

田代岳

 【 山 域 】 田代岳
 【 日 時 】 2007年9月1日
 【 コース 】 荒沢口-田代岳山頂
 【 メンバー  】 Sakky、じg
 【 装 備 】
 【 天 気 】 曇~晴

猛暑日の続いた8月も終わり9月突入、ずいぶん涼しく感じるようになりました。
そろそろ冬場に向けて体力づくり・・・というわけではないですが、ブナ林と山頂下の高層湿原がすばらしいという田代岳へ行ってきました。
お手ごろな距離ながら、沢に沿った登り出しから、豊かなブナの樹林帯、そして評判通りの池塘の楽園と変化に富んだよいルート。山頂部は少々風が強かったものの、神社の中で休憩させていただき、ゆったりとして昼食を味わうことができました。
アプローチの林道は冬場も除雪されているとか。県内とはいえ秋田市内からはちょっと遠いが、積雪期にもチャレンジ?

Repo & Photo

1227_2   

| | コメント (0) | トラックバック (0)